Entries

面接ってどう対策したらいいの...?

優からご紹介に預かりました、10期の大食い担当、web係の小林未奈実です そうですね、今は絶賛「できるときだけダイエット」展開中ですが、他者を追随させないほど食べることが本当に大好きです♡
中学生の頃からずっと大学までソングリーディングというチアダンスをしてきて、踊ることを中心として運動することが大好きです!そのエネルギー摂取のための大食いですかね、笑笑

そんな私からは、入ゼミ試験のトリ、「面接」についてお話しさせていただきます。

これまでのブログからもわかるように、清水ゼミの入ゼミ試験は筆記試験グループディスカッション面接の3構成です。その中で面接は、1番自分について知ってもらえるチャンスだと捉えられます!ゼミ生×2、先生×1の計3回の面接です。
清水ゼミはかなり人間性を見ているゼミだと私は思います。なぜなら、日々一緒に過ごしたりグルワをする中で、こんなに過ごしやすく、それぞれ個性があって面白く、意見や考え方も様々で、尊敬しつつ刺激しあえる仲間はいない!と感じるからです。私は清水ゼミに入って1番良かったことは、ここの同期や先輩、先生も含む方々に出会えたことだと常々感じています😌

そんな風になれる2年生を迎えられるよう、私たちが面接で見ているのは
①あなたがどのような人間なのか(どんな性格で、どんな考えを持っているのか等)
②大学生活で何をしてきたのか

です。

②については、大きなことをしていないからどうしよう!と悩む必要はありません。大事なのはどういう気持ち、意思を持って取り組んだのか、という背景です。つまりこれは①を知るための一つなのです。

そして、私たちが何をもとに面接を行うかというと、事前に提出していただくESです。逆にいうと、面接の成功はESにあるのです。なので全力でESにこだわることを勧めます!!!!ほんとうに!
(詳しくはESについて書かれた前のブログをご参照くださいませ)

なのでここでは、ESも提出し終わって、入ゼミ試験に臨む前や当日、面接対策としてできることをご紹介したいと思います!

実を言いますと、わたくしは面接が死ぬほど苦手なのです。だからこそ、この内容を書くブログ担当に抜擢されたのだと思います。笑
そんな私でもきちんと対策をして面接に臨んだおかげで、無事いまここにいます。ので、面接苦手なんだよな〜と感じている方は是非参考にして下さいね😝

まず、1つめ。
自分が面接官になった気持ちでESを見返して、つっこめそうな部分や深く知りたいなと感じたところから、質問されそうなことを箇条書きで書いてみて下さい。コツは、自分の行動や感情に対して、「なんで?」を繰り返していくこと。そうすると、真の自分が見えてきます。この際にできるだけたくさん出してみるといいと思います。(ちなみに私はそうして、15コの質問項目を出しました😳)そして、それを聞かれたときに自分ならなんて答えるか、を考えてみてください。
私みたいに面接すごく苦手!という方は、ワードなどで自分の回答を文章化してみるといいと思います。そうすると、自分の行動の背景や自身の気持ちが整理されますよ。実際に私は考えた質問項目からほぼ聞かれたので、緊張しながらも内心「きたこれ〜!」って思ってました笑 (まあでも急な質問もあるかもしれないので、動揺はしないように…)

そして2つめ。
これは面接が得意不得意関係なくですが、
自分らしさを忘れないこと。私たちはすごい話を聞きたいわけではありません。あなたという人間を知るための面接なので、ありのままの自分をぶつけてくださいね🔥

最後に、笑顔を忘れずに。
緊張して難しいよ!と思うかもしれませんが、面接する側である私たちも人間です。やはり明るく笑顔な人のほうが印象はよく見えますよね。『メラビアンの法則』によると、話し手が聞き手に与える印象は『視覚(55%)、聴覚(38%)、言語(7%)』だそうです。
要するに…
言語(7%)を準備することも必要ですが、「視覚と聴覚(93%)」の対策が重要だということです。
私も面接は苦手ですが、チアダンスで培った笑顔で乗り切ろう!と意識していました!(このおかげで入れたのも少しあるのかな…🤔笑)

ここまで長々と面接について書かせていただきましたが、あくまでも個人的な意見なので参考程度にしてもらえると嬉しいです。

面接以外でも自分を評価してもらえる部分はたくさんあるのであまり気負わず、リラックスして、自分を出してくださいね!そして明るく元気に笑顔を忘れず!
みなさんと当日お会いできることを本当に楽しみにしています✨✨✨

ここまで読んでいただきありがとうございました🙇‍♀️
次は、ぶっとんでるけど、意外とまじめで論理的でやさしい一面もある(?)アラカワくんが「企業様への発表」についてお話ししてくれます!どうぞお楽しみに〜

グループディスカッションって...?

こんにちは!
しまけんから紹介に預かりました、テニス大好き男の齋藤優です。

千葉県の私立高校出身で、自分も学校まで1時間半かけて通っています🤣小学生の頃からテニス漬けの毎日で過ごしてきており、現在は高校で部活のコーチをしています!ぜひ一緒にテニスしましょー!

清水ゼミでは、会計係をやっています🧮


今回は皆さんも気になっているであろう入ゼミ試験の一つ、グループディスカッションについて書いていきます!(グループディスカッションいうの長いので、ここからは「グルディス」って書かせてもらいまーす!)
グルディスは、1時間の筆記試験の後に数人の指定されたグループに分かれて45分程度(予定)、筆記試験で出された問題について話し合ってもらいます!

オープンゼミでもグルディスをしてもらいましたが、思うようにいかなかった方も多かったのではないでしょうか?自分は去年、オープンゼミでほとんど初めてグルディスというものを経験し、45分という短時間なこともあり、意見がまとまらず非常に難しいと感じた覚えがあります😅

実際、45分という短時間でどうすればいいのか、何を話し合えばいいのか、不安ですよね?💦
また、グルディスに慣れている人であれば、主催側、つまり清水ゼミとしてグルディスをゼミ試の一つとして課す目的はなんなのか、と気になる方もいるかもしれません🧐

そこで今回は、「私たちがグルディスで何を重視しているのか!」について話していきます👍

まず、清水ゼミの活動は5人1組のグループワーク制です。基本的に班で研究を進め、その研究期間の多くの時間を班員と共に過ごします。一生付き合う仲間に出会えるかもしれません!そのため、私たちはグルディスを通してどんな振る舞いをするのか、どんな雰囲気で話し合いをしているのか、をよく見たいと考えています!
もちろん、秀逸な意見を出せることも素晴らしい能力ですし、その要素が0とはいいません。しかし、清水ゼミに入ってもらうからにはみんなに「素敵なゼミ生活を送って欲しい!一緒に学んでいきたい!」という思いのもとで選考を行っていくので、ぜひ自然体の自分で同じ班になった人とコミュニケーションをとってもらえたらと思います😆

…でも、
そんなこと言っても緊張するし、なにか意識するといいポイントとかくらいあるだろう!!!という方、そんな方は以下の3つのポイントは頭に入れておいて損はないかもしれません!


1.根拠に基づいて、自信を持って自分の意見を伝えること。

2.他の人の意見をしっかり聞くこと。

3.45分という「短い」時間の時間配分を考えること。


まず1に関しては、自分の意見を明確に伝えることが大事です!その上で、その意見根拠に基づいたものであるとより良いでしょう。
当日の試験では、1時間自分で筆記試験を解いてもらってから、その問題についてグルディスをし、班員の意見を一つのものにまとめてもらいます。その際、3に書いたように約45分間での話し合いになるのですが、これが想像以上に短いです😅この時間内に、初対面の人と班を組み、自分の意見を伝えつつ周りの意見を聞き、一つの意見にまとめ、簡単な発表を行う準備まで行ってもらいます。なかなか酷なことをするなぁ…!といった感じでしょうか🙇🏻
そこで重要になるのが、自分の意見を伝え合い話し合う上で、資料番号に基づいた根拠があると話を円滑に進めやすい、という点です。班員に資料を見てもらいながら自分の意見を伝えることで、どうしてそう考えたのかが伝わりやすくなり、スムーズな話し合いにつながること間違いなしです!

次に2に関しては、先述した通り、グルディスを通して私たちが見たいのは皆さんの雰囲気や人柄な部分が大きな要素としてあります!また清水ゼミでの活動をする上でも、互いの意見をしっかり交わし合えることは必須なので、時間がない中でもここには時間を割いて温かい雰囲気でやってくれたらなと思います☕️

最後の3に関しては、「45分間」に多くやることがあるので、割くところにはしっかり時間を割き、時間配分を考えてやってみてください!ただ、焦られるようなことを書いてしまいましたが、その中でも楽しんで自分はこんな人だよー、というのを班員と共有してくれたらなと思っています!

私たちの見ているところは、再掲になりますが、「秀逸な意見!」というよりかは上記の3つのようなことですので、そんなことを頭の片隅に置いて臨んでくれたらなーと思います!

またグルディスに関する対策ですが、期待していた人はすみません!特にはないかなと思います🙇🏻
ただ、オープンゼミに参加してくれた方は、その時の雰囲気や思ったこと、反省点などを思い出してみても良いかもしれません🎾

しかし、このブログを読んでるひとの中にはもしかしたら「オープンゼミに行けなかった…」なんて人もいるかもしれません!

全然大丈夫です!安心してください!
選考には一切関係しませんし、オープンゼミでも、当日の入ゼミ時の雰囲気を掴んでくれたらな、と思ってやっているだけなので、心配する必要はないです👍

ただ、オープンゼミでやった内容が実際の試験と近い内容であるのは間違いないので、不安な人は周りの友達にどのような内容だったか聞いてみてください!

それでは、長々と失礼しました!みなさんとゼミ試で会えるのを楽しみにしてます!
あと、テニスしましょー!😎🎾


お次は、10期の中でも多彩かつ不思議ちゃん(😅?)なみなみが面接について書いてくれます。※1番の強みは大食いなところですが、本人は最近ダイエットをしているとのことでーす🍰

筆記試験

こんにちは!
なこから紹介に預かりました、しまけんこと島田健太です!
埼玉の男子校出身で、実家から1時間半以上かけて学校に通っています。小中高とサッカーを続け、大学ではフットサルサークルに所属していますが、家が遠いのであまり参加していません笑
清水ゼミでは宴会係を努めています🍺

さて、今回はゼミ説明会でも質問の多かった「成績」「筆記試験」についてお話ししたいと思います。


まずは「成績」について。
清水ゼミの入ゼミ試験では成績を見ます。
僕も成績がネックで、清水ゼミを受けるかどうかを直前まで悩んでいました。結果として合格することはできましたが、案の定成績はダントツ最下位でした笑

そんな僕からまず1番に伝えたいことは、「成績が悪いから、という理由で諦めないでほしい!」ということです。合格したからこんなこと言えるんだろ、って書いてて思っちゃいましたが、これだけは本当に皆さんに伝えたいです。

成績は良いに越したことはないと思います。日吉時代の自分の頑張りを数字で分かりやすく伝えることができるツールだからです。この人はコツコツ頑張れる人なんだな、といった印象を与えることができるアピールポイントの1つだと思います!

とは言うものの、皆が難易度の違う授業を履修していて、簡単にSが取れる授業もあれば、どんなに頑張ってもAしか取れないみたいな授業もありますよね。なのに、頑張りや頭の良さをGPAという数字だけで評価するのはおかしいと思っています。僕的に大学の成績って何の意味があるんだろうって思います笑
…負け犬の遠吠えですね。島犬🐕なので吠えたくなりました。すみません許してください。
このようなことを思っている人もいるので、成績は確かにアピールポイントになりますが、頭の良さや頑張りをそれだけで見ているわけではないです!

成績が悪いと感じている人は、共通ES筆記試験グループディスカッション面接で十分挽回できます!ちなみに、先輩についこの間聞いたのですが、僕はグループディスカッションと面接で救われたらしいです。本当によかった。清水ゼミの入ゼミ試験にはたくさんの評価基準があるので、自分の頑張りや頭の良さ、強みを自分なりに全力でアピールしてください!
逆に、成績が良いと感じている人は、成績が良くても他の評価基準でアピールポイントがないと危険です。成績で安心せず、しっかりと対策して試験に臨んでください!


次に「筆記試験」についてです。
筆記試験は1時間という時間の中で、与えられたたくさんのデータを用いて、課題に対する自分なりの考えを論述するというものです。
マーケティングの基礎知識(4Pぐらい)は押さえておいた方が論述が書きやすくなるとは思いますが、決してマーケティングの知識量を見るものではありません。なので、これといった対策はアドバイスできないのですが、同期には、先生の授業ノートを見返した、オープンゼミでもらった過去問を時間を計って解き直した、という人もいました!参考にしてみてください!

筆記試験では清水ゼミが大事にしている「論理性」を見ます。「独自性のあるアイデアを出した方がいい!」ということはありません。自分がどのデータを基に、何を課題だと感じて、それをどう解決しようと考えたのかを「論理的一貫性がある考えを分かりやすく伝えられるか」を見ています。

ポイントとしては「結論→現状分析→課題提起→解決策→根拠」という流れで書くことだと思います。結論が分かっていれば、読み手の文章の理解度は格段に上がります。当日は自分の考えを最大限に伝えられるような文章の構成をデータとにらめっこしながら考えておくと、スムーズに書き始められます!あと、朝早くから筆記試験が行われるので、頭を活性化させておくことを忘れずに!


最後に、少し口が悪いですが、僕たちが求めている後輩は「熱い心を持った頭の良いバカ」です。「頭が良い」というのは学力に限ったことではありません。数字では表すことができないものです。1人1人違った頭の良さを持っていると思います!また、成績が良くて、論理的に物事を考えられるだけの後輩よりも、熱い心や遊び心をも持った後輩を求めています!成績と筆記試験以外にもアピールできるポイントはあるので、そこで自分なりに「熱い心」「頭の良さ」「バカ」を全力でアピールしてほしいです!

長々と書いてしまいましたが、皆さんの不安を解消できていると嬉しいです!
プレッシャーをかけるわけではないですが、ゼミ選びは人生を変えます。僕は清水ゼミに入ったことでこの先の人生が好転すると自信を持って言えます。本当にチャレンジしてよかったです。
皆さんも長い時間悩んで自分の納得できる選択ができるよう頑張ってください!!!
3月16日、11期に会えるのを楽しみにしています。勝利の美酒を飲みましょう🍺

次は、テニスを愛しテニスに愛された男、齋藤優が「グループディスカッション」についてお話ししてくれます!お楽しみに!

自分を表現できるESを書こう!

皆さんテストお疲れ様です✨
前回のりょうやに引き続き今回も入ゼミについて、私、細川日菜子がブログを書かせていただきます。
りょうやから、ボケてボケてボケまくる清水ゼミのコミュ力ランキングNO.1とまあ早口言葉のような紹介を受けたのですが、そんなにボケてもいないしコミュ力は至って普通なのでぜひぜひ皆さんからも話かけてください😏
(一時期、3日間連続でトイレにスマホを置き忘れたり、ベランダで見つかったりして「若年性アルツハイマーのセルフチェック」をググったことはあります)

今日は書くのに悩みがちな「ES」についてお話したいと思います!
※今回のブログはES初心者向けに書いており、少し長めです。結論を先に知りたい方、お急ぎの方は下から6段落目よりお読み下さい!

ESって内容や表現に悩みますよね。
ですが、手を付けることが億劫になってしまっている方がいたら赤信号です!!!🚥
なぜなら、「ESでゼミ試を自分に有利に進めることができるかどうかが決まる」といっても過言ではないからです。
受け取り側が書き手の第一印象を作り上げてしまう材料となるもの、また自分を魅力的にみせる「キャラづくり」を1からプロデュースできるもの、それがESです。

では、魅力的に自分をアピールするESとはどのようなものでしょうか。
私はESとは「プロフィール帳」だと思っています。
img_1 400 - コピー

(小学生の時に女の子の間で流行りましたよね~記入を頼まれた男の子も居ると思います。)
プロフ帳の紙を友人から回収した際に読んでいて、楽しい人とそうではない人が居たのではないでしょうか。ここで2点「読んでいてい面白くない人」をピックアップしてみましょう。

~ケース①自分を説明しないヒミツちゃんorわからん君~
私は_わからん_な性格だけど、周りから_わからん_だと思われているよ!好きなことは_いろいろ_で最近嬉しかったことは_ヒミツ_だよ。

~ケース②漠然として内容バリバリ超定型文型さん~
私は_普通__な性格だけど、周りから_楽しい人_だと思われているよ!好きなことは_流行っていること_で最近嬉しかったことは_Instagramのいいねが沢山きたこと_だよ。
(さすがにこんなこと書いていた子はクセ強めですよね笑)

どうでしょうか。
ケース①の場合:どんな人なのか、どのような考えをするのか伝わらない
ケース②の場合:何が普通なのか、沢山なのかが漠然としており分からない
以上のようなものだとコンテンツがない自己紹介になってしまいますよね。

これをESに置き換えた場合も同様なことが言えると思います。
その人のことが分からない文章

形容詞の説明がなく漠然とした文章
である場合、コンテンツが薄いESになりかねません😔

ではどうすれば良いのでしょうか。
答えは簡単!皆さんもうお気づきからも知れませんが…
」をすればよいんです✨
(凄いこと言ってそうで言ってないランキング1位)

まずケース①から見ていくと、
ESは「あなたがどんな人なのか」を表現する場であり、「どのような考えをする人か」を見ています。
そのため、大切なことは、成果の大きさではなく、行動をした際に感じた「なぜ起こそうと思ったのか」といった過程・背景です。
例えば、
「私は、日吉時代にサークルで参加者を3倍に増やした」よりも
「サークルにおいて参加者減少が著しかった。状況を改善のため、委員だけでなく下級生までも呼び込みに巻き込めるような“参加率重視のチーム対抗戦”を行い参加者を3倍に伸ばした」

の方が、取った行動の過程を伝えることができると共に、他者を巻き込んで考えられるリーダー的な存在であるという「キャラづくり」もできます😊
なぜ行ったのか?を何度も自分に問いかけて、過程やその時の気持ちをぜひ思い出してみてください。

ではお次、ケース②漠然とした文章について見ていきましょう!
ESを読む人は当たり前ですが、私たち人間です。
(凄いこと言ってそうで言ってないランキング2位)
そのため、

教授の授業が「楽しく」マーケティングに興味を持った。

などといった形容詞のみで説明された文章の場合、受け取り側と自分の「楽しい」に差があるかもしれません。

教授の授業を受けていくうちに、自分の普段の購買行動が心理要因まで含め形式化されていく消費者行動論に面白さを感じ興味を持った。
(一例なのであくまでも参考でお願いします笑)
の方がマーケティングのどこに惹かれたのかが分かりますよね。

長くなってしまいましたが、以上ケース①・②より
☑その人の考えや価値観が分かる行動過程背景を重視
程度が分かるように形容詞を使う(避けても良いと思います)
☑コミュニティ内でしか使われない専門用語を避ける
といった工夫をして

書き手らしさを体現したメッセージをどの第3者が読んでも同じように受け取るES
を目指してみてください!
(あくまでも私の経験から考えた個人の見解なので参考程度にお願いします)

最後にESの内容面以外に関するアドバイスを2つほどすると、
・多くの人に見てもらおう!
▷▷▷
一度で内容が入ってくるESになっているのか確認する有効な手段です!
私はサークルについて書いていたので、サークルの先輩、サークル外の人(家族)の4.5人に見てもらいました👀
・出来上がったものをコピーしておくこと!
▷▷▷
面接はESを基に行われるので、コピーを取っておくと事前に確認ができたり、聞かれそうだと思った所にどうこたえるのかを書き込んだりができるのでオススメです🙆

長くはなってしまいましたが、このブログを読んで少しでもESのヒントになれば幸いです✨
過去のブログにも先輩達からのヒントが詰まっているのでお時間があれば読んでみて下さいね。
皆さんが考え抜いたESを読むのを今から楽しみにしています🌸

2つ上の先輩までのURLはこちらです~
2019:http://keioshimizu.blog129.fc2.com/blog-entry-168.html
2018:http://keioshimizu.blog129.fc2.com/blog-entry-143.html


次は、今日もお箸・スプーン・ウェットティッシュ・マスク...etcをかばんから出してくれる、Mr.なんでも屋さんのしまけんこと島田健太が「成績と筆記試験」について書いてくれます!
論理的なしまけんなので、ブログもきっとスッキリ分かりやすいだろうな~是非チェックしてください😊

入ゼミ全体の流れについて!

こんにちは!
清水ゼミ10期入ゼミ係の中村良也です。

きりこの紹介で金髪に触れられていましたが、金髪に染めていたのは本当に一瞬です(笑)
1年の後期に人生で一回くらいは染めてみたいと思い、茶、金、銀、紫等いろんな色に挑戦しました(思い返すと結構染めてますね、、、)ただ、2年以降はずっと黒髪で、やっぱ黒髪がしっくりくるな~と実感しております(笑)
ということで、残念ながらきりこの金髪を見たいという要望には応えられません。。

前置きはこのくらいにして、今回は「入ゼミ全体の流れ」について書いていきます!


私からは
① 今後の入ゼミに関するスケジュール
② 入ゼミ試験当日の流れ
③ ゼミ試験に関するQ&A

の3つをお話したいと思います!
「ES」「筆記試験・グループワーク」「面接」の詳細については今後、他の10期生がブログを書いてくれるのでお楽しみに!


では、早速今後の入ゼミに関するスケジュールについて見ていきましょう!

① 今後の入ゼミに関するスケジュール
◎仮登録 3月4日(水)5日(木)
仮登録は去年と同様インターネット上で仮登録になると思われます。
仮登録を忘れると本登録できないので必ず仮登録しましょう!

◎本登録 3月11日(水)
三田キャンパスで本登録は行われます。
清水ゼミを受ける方は「商学部共通ES」と「成績表のコピー」の提出があるので、忘れずに持って来てください。

◎ゼミ試験 3月16日(月)
ゼミ試験も三田キャンパスで行われます。
服装は私服です!スーツではないのでご安心を。毎年オフィスカジュアルを意識した服装の人が多いです。
↓去年はこんな感じです!
IMG_1500 500 - コピー

ゼミ試験までのスケジュールは以上の通りです!
詳しくは入ゼミ説明会で配られた資料や商ゼミのホームページを確認してみてください!

② 入ゼミ試験当日の流れ
では次に、入ゼミ試験の当日のイメージを掴んでもらうために私達が去年受けたタイムスケジュールについて紹介したいと思います!

2019年 清水ゼミ 入ゼミ試験当日の流れ
―――――――――――――――――――――――――――
8:45 集合(受付時間は8:20~)
集合時間は厳守ですので当日は余裕を持って行動しましょう!
私は、念には念を押して1時間前には大学に着くようにしていました(笑)
(こんな早く来る必要はないです笑)

◎一次選考
9:00~10:00 論述試験
10:15~11:00 グループワーク

12:00 一次試験通過者発表

◎二次選考
13:00~16:00 個人面接(学生面接+教授面接)
1人15分程度の面接です!
とても緊張しますが、控室では4年の先輩が歌ったりお菓子くれたり、先生の似顔絵大会をしたりして和ませてくれるので、当日をお楽しみに!笑

19:30 合格者発表

合格者は、その後に顔合わせ歓迎会があります!
――――――――――――――――――――――――――――
朝から晩まで盛りだくさんなので体調には気を付けてください!

当日は選考の間や結果の発表までの待ち時間が結構長いです。
待ち時間は自由に使って良いので、私は近くに1人暮らしをしている友達の家に行って仮眠をとってました(笑)
他にも、当日のグループワークで初めて話した子とカラオケに行った人や、サークルの友達と三田ランチを楽しんでる人もいました。

以上がゼミ試験当日の流れでした!

③ゼミ試験に関するQ&A

Q.他学部ですが清水ゼミを受けることが出来ますか?
A.清水ゼミは他学部の学生の受験も受け付けています!
ただし、商学部のゼミなので同等の評価であった場合、商学部の学生を優先して採用することになっていますので、その点だけご了承ください

Q.留学は認めていますか?
A.清水ゼミでは3年次の留学は認めていません。これは、関東学生マーケティング大会など3年次はゼミ活動に集中してもらうためです。
ただし、4年次の留学はOKです!9期の先輩には1年間留学に行ってる人もいます!

Q.ゼミ説明会やオープンゼミへの参加率は入ゼミ試験に関係しますか?
A.参加率がゼミ試験の結果に直結することはないです!なので、オープンゼミに参加し忘れた!という方や入るゼミを考え直すことになった、という方でも大丈夫です。
(たくさん清水ゼミの入ゼミイベントに参加してくれた2年生の方はありがとうございました!)

Q.ゼミ試験当日に気を付けることは?
A.面接や筆記試験については他の人が書いてくれると思うので、私からは健康管理と腕時計を忘れないようにとアドバイスしておきます。

ゼミ試は自分のベストの状態で受けるのべきだと思うので体調管理には気を付けましょう!
あと、腕時計は筆記試験の時に時間配分を考えて解くと思うのでマストアイテムです!

以上Q&Aでした!

ゼミ試験当日は緊張すると思いますが、皆さんの想いを伝えてください!
我々10期一同、未来の11期の皆さんと会えるのを楽しみにしています!

次回は、ボケてボケてボケまくる清水ゼミのコミュ力ランキングNO.1、けど仕事はきっちりこなす、“なこ”こと細川日奈子がESの書き方について教えてくれます!!おたのしみに~