Entries

グループディスカッション

みなさんこんにちは!

今回の記事は、“スーパーウーマン美月”より、誠に恐れ多~~いご紹介を賜りました森下由都が担当します!🙆‍♂️
ゼミ役職としては、美月とともに副代表を務めさせていただいています。

「喋りすぎ」「話が長い」と話題の僕ですが、なんと先日、初詣に行った際に引いたおみくじに、「話が長いから気を付けなさい」といったことが書かれており大いに困惑しました。
みなさん本当にすみませんでした、気を付けます🤷‍♂️



さて、前回と前々回に引き続き、今回も入ゼミ試験のステップについてお話させていただければと思います!
今回のテーマは、「グループディスカッション」——通称 “グルディス(GD)” です。
清水ゼミの選考グルディスでは、その前のステップ「筆記試験」にてそれぞれが考え抜いた意見をもとにしながら、グループのメンバーと話し合いを行い、最後に「グループとしての結論」を発表していただきます。

とはいえ、グルディスなんてほとんどやったことない...一体何をすればいいの...?🤦‍♂️
そういう方も多々いらっしゃるかのではないかと思われます。
でも安心してください! 極端な話、大学2年生までにそんなに本格的なグルディス経験がある方なんてほとんどいないので!笑
そういった意味ではみなさんスタートラインはだいたい一緒です。
(もちろん、日吉の2年間でガンガンに議論経験を積まれてきた方は本当に立派です。めちゃくちゃ尊敬します。ぜひ自信をもって、選考に臨んでいただければと思います!)

今回の記事では、選考に向けてのささやかなアドバイスとして、
Ⅰ. グルディス選考への心構え
Ⅱ. 清水ゼミ選考におけるグルディス
という2部構成で、お伝えしていければなと思ってます!





Ⅰ. グルディスに対しての心構え  

グルディスとは文字通り、グループとしての結論に向け、「グループ」で「ディスカッション」を行う作業です✍️
物事を論理的に見ることが出来る・問題解決能力に優れているというあなたの優秀さを存分に発揮してくれることももちろん重要ですが、
“グループ” として一つの結論を導き出していくグルディスでは、それ以上に、【そのグループの中で、如何に自分の強みを生かしながら立ち回るか】ということが求められます。

グルディスにおいて強みとなる能力として、例えば以下のようなものが挙げられます。
✓自分の意見を分かりやすく伝え、相手に納得してもらうことのできる「発信力」「意思伝達力」
✓相手の異なる意見にも丁寧に耳を傾け、柔軟に受け入れることのできる「傾聴力」「柔軟性」
✓次々にアイディアが浮かび、議論に新たな風を巻き起こすことのできる「発想力」「創造力」
✓議論の道筋を俯瞰的に見つめながら、一つの方向性へとまとめていくことのできる「状況判断力」「客観力」
✓自分がグループを盛り上げ、みんなを引っ張っていくことのできる「リーダーシップ」「対人調整力」
などなど。

ご周知のとおり、「一つのチームとして何か物事を成し遂げていく」ためには、チーム個々人が様々な能力を備えていることが求められます。
グループで一つの結論を導き出すグルディスでも、同様のことが言えるでしょう。
しかし、ここで大事なのは、誰かひとりが全ての能力を兼ね備えている必要はないということです💡

自分の意見を発信するのは苦手でも、みんなの意見を引き出して、まとめていくことは得意であるという方もいるでしょう。
論理的に思考するのは苦手でも、グループのみんなを鼓舞し、最後まで諦めずに盛り上げることは得意であるという方もいるでしょう。
このように、グループのメンバーそれぞれが、各々の強みを発揮しながら議論に参画することで、より良いディスカッションが出来るのではないかと思います🙆‍♂️
すなわち、グルディスに臨む上での心構えとして、「グループで何かに取り組む際、自分はどんな形で貢献ができるだろうか」——それを予め把握しておくことがまず何より大切なのではないでしょうか。


Ⅱ. 清水ゼミの入ゼミ選考におけるグルディスについて

さて、ここまでこれば、清水ゼミが選考過程でグルディスを課す目的もわかってきたかもしれませんね。
清水ゼミのグルディスで計っているのは、あなたの論理性や思考力だけではありません。
“グループ” で一つの結論を導き出していくという過程を通じ、

✓議論の際における、その人の「強み」「立ち回り方」
✓他の人との関わり方を通じた、その人の「人となり」


ということも見ています🔎

清水ゼミでは、1年間の活動のうちのほとんどを「グループワーク」中心に行っていきます。
そのため、グルディス選考では「グループの一員として活動を行っていく力があるか」という観点に重きを置いているのです。

もし改めて言葉でまとめるとするならば、
チームのみんなと共に、一つの成果を創り上げていくんだという「協調性」
チームの中でも埋没せずに、自分の強みを生かしながら議論に貢献していく「主体性」
といった表現になるのではないかと思います。
ぜひ、グルディス選考を通じて、「あなた自身」を存分に発揮していただければ幸いです🗣

とはいえ、「選考過程」であることを意識しすぎるのもよくありません。
人によっては、グループメンバーよりも如何に自分が優秀であるかをアピールすることに、固執してしまうパターンもあるかと思われます。
しかし、グルディスはあくまで、「普段のグループワークの模擬」——すなわち、グループのみんなで協力しながら、より良い成果を目指す場所です。
極端な話、自分一人のアピールに徹するのではなく、「自分と同じ班になった全員で合格するんだ!」という意識で振る舞うと、良いのではないでしょうか💪




…と、ここまで自分の考えをつらつらと書き連ねてきましたが、やっぱりちょっとしゃべりすぎましたね笑
長くなりましたが、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

筆記試験と同様、グルディスでも、限られた時間内で答えをまとめることが求められます。
残り時間が少なくなってくると、焦りの感情が生まれてしまうかもしれません。
しかしそれでも、「最後まであきらめず、グループ全員でよりよい“答え”を創り上げていく」——この思いを忘れなければ、自ずと道は拓けてくるのではないでしょうか🔥 🔥
最後になりますが、みなさんにとって本当に良いゼミ選びができることを、心から祈っています🙆‍♂️ 📣

さて、お次のブログを担当してくれるのは、あのお方。
マルチタスクをなんなくこなす、清水ゼミ11期が誇る圧倒的バイタリティキャラ “Marii Kawakami” です!!
乞うご期待!👏

成績と筆記試験

皆さん、こんにちは!
清水ゼミ11期の心のオアシス桃ちゃんから恐れ多い紹介を預かりました、中澤美月です🌝
実際はダンス・アイドル・アニメをこよなく愛する、オタクです。
清水ゼミでは、副代表を務めさせて頂いています!

さてさて、試験期間も終わり、そろそろ入ゼミに向けて本格的に考える時期になってきましたね💭
前回は、入ゼミ試験最初のステップである「ES(エントリーシート)」について、桃ちゃんからアドバイスがありました。
今回は、ESと同様に出願時に提出して頂く「成績」と、入ゼミ試験の第一関門である「筆記試験」について詳しくお伝えしていきます!

清水ゼミへの入ゼミを考えてくれている皆にとっては、「成績」と「筆記試験」はちょっぴり不安な部分かもしれないですね😢
私も、「成績ってどの程度考慮されるんだろう…」「筆記試験の問題難しいのかな…」と不安に感じていました💦
そんな不安を、ちょびっとでも解消できるようなブログになっています!(なっているといいな…)


それでは早速「成績」からお伝えします✒
最初に一言、「成績が悪いから清水ゼミは諦めよう」という考えは捨てましょう!

勿論、成績が良いということは、1.2年生の期間にしっかりと勉学に取り組んできた結果です。成績が良いに越したことはありません。
成績が良いと自信を持てる子は、自信を持ってください。それは、あなたの強みであり、あなたがやってきた成果です👏

しかし、ではなぜ清水ゼミでは「ES」「筆記試験」「グループディスカッション」「面接」といった、その他の選考ステップがあるのでしょうか?
それは、大学の成績だけでは分からない「あなたの人柄・思考プロセス・想いや熱意」も同様に重要だと考えているからです。
清水ゼミは、勉強ができる人だけをゼミ員として迎えるわけではありません。

成績に自信が無いという子は、自分の人となり、勉強以外に頑張ってきたこと、頑張っていること、入ゼミにかける想いなどを、自分なりにアピールすれば大丈夫です😌
今から成績は変えることは出来ません。
その他の選考ステップで、いかに自分をアピールできるかが鍵です!頑張れ👊


続きまして!「筆記試験」について詳しくお伝えします📝
筆記試験は与えられた資料に沿って見解を論述するというものです💻

マーケティングの基礎知識(4P、STPくらい)は押さえておくと、論述が書きやすくなることもあります。しかし反対に、4Pに縛られて考えると別の視点を見失ってしまうこともあります。あくまで、自分の感じたことや考えも大事にして論述しましょう。
筆記試験は、決してマーケティングの知識量を見るものではありません。独自性のあるアイデアを出した方が良いというわけでもありません。
あなたが、課題に対して「どのような思考をするのか」、論理性と思考性を見るものです🎓
マーケティングに正解はないので、自分なりのロジックを持って論述してくださいね!

筆記試験の解答ポイントは、「相手にいかに分かりやすく伝え、納得させられるか」です。
伝え方としては、
①結論→現状分析→課題提起→解決策→根拠→結論
②結論→現状分析→考察→結論
このような流れで書くと、読み手に伝わりやすいです🙆

※結論:課題への解答を簡潔に
現状分析:資料・データから読み取ったこと、情報収集で得たこと
問題提起:問題は何か
解決策:問題の解決方法
根拠:なぜその解決方法がベストなのか
考察:現状分析を踏まえた上で、結論に至るまでの根拠となる考え

全ての問題が、上述の流れに当てはまるわけではありませんが、是非参考にしてみてください💡
しっかり、課題に対する回答になっているのかは注意してくださいね!

⚠そして重要なこと⚠
筆記試験では限られた時間内で回答しなければなりません。
「どこから書けば良いのか分からない…」「自分の考えがまとまらない」「そもそも全然分からない…!」
そんな状況に陥ってしまった時こそ、とにかく考えたことを文字に起こしましょう!
書いていく中で考えがまとまり、論理構成が見えてくる場合も多いです。
残り時間が少なくなって焦ることのないように!


長々と書きましたが、このブログが皆さんの不安を少しでも解消できていると嬉しいです。
最後に、ゼミ選びは重要な選択です。
好きな学問に取り組めることは勿論、なによりも「一生モノの仲間」「本気でぶつかれる友人」に出会えます
皆さんも、絶対に後悔のない、自分の納得できる選択をしてください!
そして、清水ゼミに合格してください。
12期に会えるのを楽しみにしています。


さーてと!
次にバトンを受け取るのは、
私と一緒に副代表を務め、何でも彼に任せておけば完璧に仕上げてくれる、
スーパーハイスペック森下が「グループディスカッション」について教えてくれるよ~😎
※香水の○人さん、チョコレート〇ラネットの〇田さんに似ています、彼。

ES(エントリーシート)ってどう書くの?

こんにちは!
梨紗子からなんとも身に余る紹介をしていただきました、大田桃子です🐷
前回梨紗子が清水ゼミ生の「人の良さ」について語ってくれましたが、こんなにやさしい紹介をしてくれるところからも、人の良さがひしひしと伝わってきますね😊

なかなか外に出られずもどかしい日が続きますね。
私はかな~りおしゃべりなタイプなので、(笑) お家でひとりウズウズしています…
今度 暖かい日を選んで、お散歩にでも行ってみようかな。

さてさて、こんなことは置いておいて、
今回から、実際の入ゼミ試験について詳しくお伝え出来たらなと思います。

おさらいですが、入ゼミの流れはこんな感じです!

<出願時>     ES・成績表提出
     
<ゼミ試験当日> 筆記試験
             グループディスカッション
              面接(ゼミ生・清水先生の2回)

今回私からは、最初のステップ「ES(エントリーシート)」についてお伝えします✍
ESってなんだかちょっと敷居が高いかんじがして、何を書けばいいのか困っちゃいますよね。
私も「そんなすごいことやってないし、何書こう…😢」って途方に暮れていた記憶があります・・・笑

突然ですが、ESを通して私たちゼミ生が知りたいことって何でしょう。
それはずばり「ねぇねぇ、あなたってどんな人なの?👂」ということです。
あなたがどれだけ優秀かとか、頭がいいかとか、、、そういうことではありませんよ。
まだ会ったことのない皆さんがどういう考え方する人なのか、壁にぶつかったときどうやって乗り越えるのか、清水ゼミに入ったらこういう風に活躍してくれそうだなとか、、、
みなさんのパーソナリティがぐんぐん伝わってくるESこそが、良いESだと私は思っています。

うんうん、ESが何かなんとなく分かったけど、、、結局どうやって書けばいいのよオオタさん!
って声が聞こえてきそうなので、ここからは私が去年意識していたことをご紹介しますね!笑

私が意識していたのは大まかにこの3つです!

①最初の一文に結論を
➁数字のパワーを使って定量的&具体的に
③「なぜ」を大切に


一つずつ説明しますね!
①最初の一文に結論を
これは読んで字のごとくですね。
巷で話題の結論ファーストってやつです🐵
最初の一文で、伝えたいことを簡潔にまとめましょう!

➁数字のパワーを使って定量的&具体的に
A君
「俺、高校生の時めっちゃ勉強したんすよ!いやぁ、毎日ホントに大変っした!!
   なんか結構学年順位も上がって。嬉しかったっす!!!」
B君
「僕は高校生の時数学の勉強に力を入れていたんですよね。毎日10時間くらい勉強して。
一年生の時学年で250位だったんですけど、三年生で20位まで成績を上げることができました!」

突然のチャラチャラ兄ちゃん、失礼いたしました笑🕺
それはそうと、A君とB君どちらのほうの話が伝わってきましたか??
B君ですよね!笑
ちょっと二人の話を振り返ってみましょう。
色付けした部分に注目して、読んでみてください。

A君
「俺、高校生の時めっちゃ勉強したんすよ!いやぁ、毎日ホントに大変っした!!
   なんか結構学年順位も上がって。嬉しかったっす!!!」
B君
「僕は高校生の時数学の勉強に力を入れていたんですよね。毎日10時間くらい勉強して。
一年生の時学年で250位だったんですけど、三年生で20位まで成績を上げることができました!」

「本当に」とか「とても」という便利な言葉。
普段何気なく使ってしまいがちですが、ESには適していません。
人それぞれ想像する程度が異なってしまうような言葉はできるだけ避けましょう💭

そして皆さんもお気づきかと思いますが、
人に話を伝える時、数字ってとっても強力なツールなんです。

初対面の人が読んであなたの経験が想像できるように、
できるだけ具体的に、そして定量的に書くことを意識してみてください!

③「なぜ」を大切に
冒頭でもお伝えしましたが、ESではあなたの考え方価値観を見ています。
つまり重要なのは、「行ったこと」よりも「なぜ行ったか」や「どのように工夫した」といったwhyやhowの部分です。

例えば同じサッカー部での活動に力を入れたという内容でも、
「チームの仲間に貢献したいという思いから、個人練習でシュートの精度に磨きをかけた」なのか、
「練習方法の改善が必要だと考えたから、週に一回ミーティングを開いて練習内容について全員で話し合った」なのか。
伝わってくるその人の考えや価値観が違いますよね!

どちらの方が優れている、とかではありませんよ👵🏻
前者であれば、組織の中で自分の役割を認識して、責任をもって取り組む人
後者であれば、チームを巻き込んで課題解決に取り組める人というように受け取れます。

なぜ?どうやって?を意識して、あなたの考え方が伝わるESを書いてみてください。

ここまで読んでくれた方がいたらありがとうございます😌
後、最後にもう一つだけ。
あらかた形になったら先輩や家族など、第3者に添削してもらうことをオススメします!
1人の方に繰り返し見てもらってブラッシュアップしていくのもいいですし、何人かにお願いして共通するアドバイスを参考にしてみる、でも構いません。
自分をあけっぴろげにするようで、ちょっぴり恥ずかしいかもしれませんが、一度出してしまえば意外と大丈夫なもんです。笑

優秀な皆さんの先輩やご家族のことだから、
「ねぇねぇここなんだけど、こんな風に言い換えてみたらどうだい?👨🏻‍🦰」なんて、
とっても素敵なアドバイスももらえちゃうかもしれません!

とにかく、1人で抱え込まずにあなたの魅力が伝わるESを書いてみてくださいね!
みんなが素敵なESを書けるように、遠くのほうからこっそりと応援しています!笑

さてさて、そろそろバトンタッチしようかな。
次回は、
なんでもテキパキこなす美人副代表✨みづきが「成績と筆記試験」について教えてくれるみたいです☺
それでは!!!

清水ゼミのタテのつながり

皆さんこんにちは!
期末レポート真っ盛りで日々パソコンとにらめっこする時期になってきましたね😅
レポート提出に疲れた方の憩いの場となれたら幸いです🥰

今回のブログは、まさひろからご紹介に預かりました、入ゼミ係の中川梨紗子が担当します!
2度目の自粛期間を充実したものにすべく、料理の腕を磨こうと食器を買いそろえました~!
形から入るタイプ…3日坊主にならないことを祈ります…笑

さて、今回のテーマは、清水ゼミの「タテのつながり」についてです。
私たちの代で11期となる清水ゼミには、慶應義塾大学では1期から10期までの偉大な先輩方、さらには明治学院大学ご卒業の先輩方がいらっしゃいます。
「でも、実際先輩方と関わることってあるの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
そんな疑問にお応えしていきます!

まず、私たちの心の支えかつスーパーアドバイザーの10期の先輩方について!
ゼミに入ってすぐに第1回研究が始まるのですが、10期の先輩方は無知な私たちに手取り足取り指導してくださいます!
論の立て方、既存研究や統計ソフトの使い方、パワーポイントの作り方まで…。
行き詰ったときには、一緒に考えてくださることもありました😢

ある班は、OBOGの方にも研究にご協力いただきました!
学生時代に心血を注いできたゼミの後輩ともあれば🔥と快くインタビューに応じてくださいました。
中には応援メッセージを送ってくださるOBOGの方もいらっしゃり、研究の癒しになりました…。
社会人の方々と研究について語り合えることは、歴史の深い清水ゼミならではのメリットですね!💡

ん?「研究でしか関われないの?🥺」ですって?!
もちろん、研究以外にも先輩方と深く関わることができますよ~!
そのうちの1つがOBOG会です。
OBOG会とは毎年開催されるゼミのイベントで、清水先生と現役ゼミ生、OBOGの方が一堂に集結します。
今年は新型コロナウイルスの影響により、残念ながら中止になってしまいました😢

OBOG会以外にも、10期の先輩方とはオンライン飲みで仲を深めています!
研究のアドバイスをしてくれるだけでなく、履修やESの添削まで何でも相談に乗ってくださいます。
リアル飲みができる日が早く来ることを願うばかりです笑

このように、清水ゼミに入ったらこんなに素敵な先輩方に出会うことができます!
私自身、オンラインでこんなに先輩方と深く関わることができるとは思ってもみませんでした😲
大学生のうちから、社会人の方々と関わりを持つことができるのは非常に貴重な縁です!
何より、社会に出た時に必要とされるマナーや言葉使いが自然と身に付きます。
10期の先輩方やOBOGの方も同じように清水ゼミの「タテのつながり」の強さを感じていると思います。
だからこそ、後輩に慕われる方々ばかりなのですね!
私も12期や未来の後輩たちの手本となれるよう背筋が伸びる思いです!

ぜひ、清水ゼミに入って素敵な出会いの仲間入りをしましょう✌

次回は、清水ゼミの天使!彼女がいるだけで全員が笑顔になれる!の肩書を持つ「ももこ」こと大田桃子がES(エントリーシート)についてのブログを書いてくれます!

空気が乾燥して体調を崩しやすい時期ですが、健康に気を付けて毎日楽しく過ごしましょう🌱

三田祭 マケ論(商学部マーケティングゼミ合同三田論発表会)

みなさんこんにちは!

最近は、一段と寒くなり、一日中布団の中から出ることができません。
そのせいで、レポートが溜まり、徐々に焦りを感じています。
例年と違う試験期間で、色々と大変ですが、頑張って乗り切りましょう!

今回のブログは、かやのからミステリアスな面を持つと紹介された、合宿係の加藤誠大が担当します。
ブログは、シンプルに書こうと思っているので、最後まで見ていただけると幸いです。

今回は、三田論(マケ論)についてブログを書きたいと思います。
三田論(マケ論)とは、「三田祭期間中に、商学部のマーケティングゼミが集まり、お互いに研究の成果を発表し合うことを目的にした行事」のことです。
正式名称は、「商学部マーケティングゼミ合同三田論発表会」で、略してマケ論と呼ばれています。

私は、2年生の時に、マケ論発表を見にいき、先輩方の発表の凄さにとても驚いたのを覚えています。
また、ゼミごとに研究内容が異なっていたので、ゼミ選びにとても役立ちました。

マケ論には、毎年、清水ゼミから1つの班が参加しています。
今年は、私も所属する「切替消費班」が参加しました。
例年とは違い、オンラインでの開催でしたが、とてもいい経験になりました。
よろしければ、こちらのURLから当日の発表が視聴できます!
https://www.youtube.com/watch?v=U9JpumEiS2w

普段は関わりのない教授からフィードバックをいただける機会はとても貴重で、その後の研究に活かすことができました。
また、他ゼミの研究発表を聞き、とても刺激を受けました。
来年のマケ論は、どのような形で行われるか分かりませんが、今から楽しみにしています。

短いですが、マケ論はこんな感じです。
読んでいる方が少しでもイメージを持っていただければ嬉しいです!

次回のブログは、清水ゼミで一番しっかりしている、りさこが、清水ゼミのタテのつながりについて書いてくれるので、みなさん楽しみにお待ち下さい!

Appendix

プロフィール

清水聰研究会

Author:清水聰研究会
清水聰研究会2015年度始動です!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR