Entries

【番外編】清水ゼミに入って成長したこと

2年生の皆さんこんにちは✨
すうりから紹介にあずかりました、清水ゼミ10期 入ゼミ係の細川日菜子です。
実際は笑いのツボが浅いだけなのですが褒め言葉だと思って受け止めるね笑ありがとう~

さて、このブログを読んでくれている皆さんにとってはそろそろゼミを決め始める時期ですよね。
私は最後まで、清水ゼミを含む2つのゼミで迷い続けた記憶がありますが、今は清水ゼミに決めた過去の自分にスタンディングオベーションで拍手を送っています👏笑

今回は、まだ迷っている2年生には最後の一押しを、もう清水ゼミに決めてくれた2年生にはモチベーションを保ってもらえるよう、本ゼミをPRさせてもらいたいと思います。

私が今日お伝えするテーマは、清水ゼミに入って成長したことについてです。
これは、一言でいうと「組織においての立ち振る舞い方」の習得です。
(うわぁ...意識高い系の発言きたぁ...と思った方、久しぶりのブログで嬉しくてちょっと格好つけてみたかっただけです!!閉じるボタン押さないで下さいね!!笑)
もう少し細かくすると、「組織に対してどのように貢献できるか」を考える力、もっというと「自分の強みを見つける力」を私は清水ゼミで鍛えることが出来たと思います。

清水ゼミでは、1年間のうち数回のグループワークを通して、徹底的に周囲と話し合い一つの研究を各回作り遂げます。
ただ既存研究を読んでまとめる作業とは異なり、「どのようにして消費行動を促進させるか」について1-3か月を5人で作成するので、毎回のグループワークは脳みそフル回転です。

しかし、フル回転をしても研究に詰まることは日常茶飯事であり、その際、研究がもう一度動き出すきっかけを他のメンバーの発言から得ることが多く毎回尊敬でした。
(普段は恥ずかしくて言えないけど、10期の皆尊敬してるよ!!笑)

一方、その際は自分も何かきっかけを与えたい!!という悔しさも正直感じます。

そのため、他のメンバーの考えに触れる研究の時間は、自分だけの視点から今のテーマを見たら何か発見が出来ないかを考える時間でもありました。

以上のような時間を経て、毎回のグループワークを通じて「組織での研究する際自分ならどのように見るか」という観点が自然と鍛えられたように思います。
このスキルは、就職活動をする中でも「自分なりの売り込み方」を考える上でも役立ちましたし、チームで仕事をする社会人になっても活かせるとOB・OGの先輩からもお話を聞いたことがあります👂

つまり、清水ゼミは大学で学んだことを活かしながらも社会人に必要なスキルを得ることが出来る場所でもあると思っています
マーケティングについて学びながらも自分についても知ることが出来るところが、二年間在籍してみて感じる清水ゼミの良さです✨

最後に...
そんな充実した時間を共に過ごした同期は、社会人になっても関わり続けたいぐらい居心地が良くて、他の14人に出会えただけでも今のゼミに決めて良かったと私は思っています☻
(ちょっと恥ずかしいから小さくしました笑)


10期


皆さんが入って良かったと思えるゼミに巡り合えますように!
分からないことがあれば、11期の皆が優しく答えてくれるはずなのでSNSや知り合いが居ればどんどん質問してみて下さいね。

次回は、1か100かで言ったら50を選択する中道を選択する優しさをもち、LINEの返信は3秒で返ってくる仕事バリバリのりょうやが担当してくれます。
多くのゼミ生がりょうやの金髪をお願いしているのですが、なかなかしてくれないのでこのブログを読んでいる12期になる皆さんからお願いしてほしいなぁ笑

関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keioshimizu.blog129.fc2.com/tb.php/213-ea6541d5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

清水聰研究会

Author:清水聰研究会
清水聰研究会2015年度始動です!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR