Entries

関東学生マーケティング大会

皆さんこんにちは!
お正月から約1週間が経ち、これから期末試験期間に突入しますね!
何かと忙しい時期だとは思いますが、休憩がてらにこのブログを読んでくれたら嬉しいです🙂☕️

今回のブログは、梅ちゃんからご紹介に預かりました、関マケ係の渡邉花弥乃が担当します!
私は最近、どうぶつの森にハマりまくってます。
でも、お金がないのでSwitchのあつ森ではなく、スマホの無料アプリです ☹️
同士がいたら、ぜひお話ししましょう…笑

さて、今回のテーマは、清水ゼミが最も力を入れている活動、「関マケ」です。
「関マケ」とは「関東学生マーケティング大会」の略で、毎年11月に関東圏のマーケティングゼミが集まって研究の発表をし、順位を争う大会です。
それだけでなく、研究分野が違うゼミ生とマーケティングという学問について切磋琢磨することや、色々な学生や実務家と触れ合うことで多様な考え方や価値観を学ぶことが、この大会の目的となっています!

今年は「新しい社会のマーケティング」というテーマのもと、12大学54チームが参加し、研究発表を行いました。
清水ゼミは5人1組となり、「切り替え消費班」「自律消費班」「応援消費班」の3つのグループが出場しました!
今年は残念ながら、新型コロナウイルスの影響でオンラインでの発表となりました👨🏻‍💻

具体的な期間については、8月頭から研究を始め、9月半ばに中間発表、10月末に論文提出、そして11月末に最終発表を行いました!
中間発表では、現状進んでいる部分までの発表を行い、ざっくばらんな雰囲気で実務家から今後の方針に関するフィードバックを頂けます。
そして最終発表では、緊張感のある中でプレゼンを行い、各ゼミの大学院生、実務家の方々に審査をしていただきます。

最終発表の審査には、「論文審査」「プレゼン審査」の2つがあります。
10月末に提出する論文で優秀な成績を収めると「論文賞」、11月末のプレゼン審査で優秀な成績を収めると「プレゼン賞」、さらにそれらの合計得点が高い班には「総合賞」が贈られます。
清水ゼミはプレゼン審査において、54チーム中5チームが進むことのできる最終審査に2つの班が進むことができ、「応援消費班」がプレゼン賞1位をいただきました👏

↓こちらは優勝した応援消費班の写真です!Zoomを使って撮ってます!
カンマケ1

先述のとおり、今年は新型コロナウイルスの影響を受けて、グループワーク、中間発表、最終発表も、全て原則オンラインでの活動となってしまいました。
最終発表では、各班の代表の家に集まったり、会議室を借りたりして班ごとに集まってプレゼンを行うことができましたが、会場の雰囲気を体感することができなかったのが少し寂しいです😞
しかしながら、長い時間をかけて行ったこの研究では、得られることが沢山ありました!
マーケティングに関する知見を深めるだけでなく、グループワークを仲間と共にやっていくうえで沢山悩み、成長できる部分があると思います。
また、大学生活中で最も力を入れた活動となると思います!

「大会に出場して成長したい!」という皆さん!ぜひ清水ゼミをご検討ください😚

次回は気配り上手なジェントルマンでありながら、ミステリアスな面も持つ「まさひろ」こと加藤誠大が三田祭(マケ論)についてのブログを書いてくれます!

新型コロナウイルスが再流行し、大変な時期ですが、コロナに負けずに元気にやっていきましょうー!💪

関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keioshimizu.blog129.fc2.com/tb.php/204-92ebd434

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

清水聰研究会

Author:清水聰研究会
清水聰研究会2015年度始動です!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR