Entries

ゼミ選びの軸

どうも、おはこんばんにちは~
山口裕也(やまぐちゆうや)です!
前回の紹介でなぜかハードルを上げられていて、困惑しています(笑)

今回は、「ゼミ選びの際に重視したこと」について私が考えていたことをお話したいと思います。
大学入学前からこのゼミに入りたい!と決めているような、一途な方もいらっしゃるようです。(そんな一途な方とお付き合いしてみたいですね…)
けれども、大半の人はこの時期には、どのゼミにしようかなぁと迷っている最中だと思います!
ですので、そんな迷える方々のゼミ選びの参考にでもなれば幸いです(^-^)

ゼミ員や指導教授はどんな人なのか?研究内容は?とかいろんな基準があって迷いますよね( ;∀;)
大学の残りの貴重な2年を過ごす環境を決めるわけですから、これだけは譲れない!という軸を持って考えることをオススメします。
私の場合は「研究テーマ」と「ゼミ員」を特に重視しました!
それらを重視した理由と、なぜそこから清水ゼミを選んだのかについて説明したいと思います。
「研究テーマ」
高校時代にやった研究から、マーケティングに興味を持っていたのでマーケティングのゼミを中心に見ていました!(ありきたりですね)
「ゼミ員」
一緒に研究するゼミ員は「本気でやる人、能力が高い人」が良いと思っていました。
同じ研究をするにしてもそういう人達とやったほうが良い成果物ができると考えていたからです。
ワイワイできればいいとか、楽しくできればいいとか、そういう人たちもいますが、私は本気で良い成果物を出したいと思っていたので、これを特に重視しました!

簡単にまとめちゃうと「能力が高い人達が集まって、本気でマーケティングの研究しているゼミ」に入りたかったということですね(笑)

マーケティングの中でも、消費者目線の方が面白そうだと感じたので、消費者行動論を取り扱っているゼミがいいなと思っていました。
そのよう中で、関東マーケティング大会のプレゼンの論理構成、精緻に整えられた発表資料を見て、このゼミの人たちは優秀かつ成果物に対するこだわりが強いと感じたのが清水ゼミを選んだ決め手でした!
ゼミ選びで重視することと言ったら、「雰囲気」だとか「アウトプットの機会」とか色々あると思いますが、自分の信念に合ったものを選ぶことを強くオススメします!
その際には、説明会とかでいろんなゼミを見ておくと良いかと思われます。
そうすると、自分が興味のない分野とかこの分野には惹かれるとか、こういう人たちと一緒に研究したいとかそういうのがわかると思います!(ES書くときとかに参考にもなります)

ゼミで一年過ごした経験から、ゼミ選びでこれだけは大事にしたほうが良いと思うことがあります。
それは「自分と同じ熱量を持った人」がいることです。
この一年間、同じくらいのモチベを持った他のゼミ員と研究を楽しむことができたことから強くそう思います。

それから、ゼミを選ぶ際に倍率の高さとかはあまり気にしないほうが良いと個人的には思います。
ゼミくらいで本命から逃げて安全パイを狙うなんて、この先何ができるの?と感じるからです(笑)
ゼミに入れなくても、勉強は自分でもできますし、それはそれで立派なことだと思います。
ですから、自分が一番行きたいなと感じたゼミを受けることをオススメします!

皆さんには、自分が納得できるゼミ選びをして欲しいと思います!
今後行われる第3回説明会とかTwitterでも相談に乗れるので、気になることがあれば質問してください!

私からは以上です!
次回は、握力は50kg!超絶怒涛のソフトボールプレイヤーかのかが「ゼミとの両立」について語ってくれます!
みんな、ぜってぇ見てくれよな!

関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keioshimizu.blog129.fc2.com/tb.php/201-ba012b9c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

清水聰研究会

Author:清水聰研究会
清水聰研究会2015年度始動です!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR