Entries

自分を表現できるESを書こう!

皆さんテストお疲れ様です✨
前回のりょうやに引き続き今回も入ゼミについて、私、細川日菜子がブログを書かせていただきます。
りょうやから、ボケてボケてボケまくる清水ゼミのコミュ力ランキングNO.1とまあ早口言葉のような紹介を受けたのですが、そんなにボケてもいないしコミュ力は至って普通なのでぜひぜひ皆さんからも話かけてください😏
(一時期、3日間連続でトイレにスマホを置き忘れたり、ベランダで見つかったりして「若年性アルツハイマーのセルフチェック」をググったことはあります)

今日は書くのに悩みがちな「ES」についてお話したいと思います!
※今回のブログはES初心者向けに書いており、少し長めです。結論を先に知りたい方、お急ぎの方は下から6段落目よりお読み下さい!

ESって内容や表現に悩みますよね。
ですが、手を付けることが億劫になってしまっている方がいたら赤信号です!!!🚥
なぜなら、「ESでゼミ試を自分に有利に進めることができるかどうかが決まる」といっても過言ではないからです。
受け取り側が書き手の第一印象を作り上げてしまう材料となるもの、また自分を魅力的にみせる「キャラづくり」を1からプロデュースできるもの、それがESです。

では、魅力的に自分をアピールするESとはどのようなものでしょうか。
私はESとは「プロフィール帳」だと思っています。
img_1 400 - コピー

(小学生の時に女の子の間で流行りましたよね~記入を頼まれた男の子も居ると思います。)
プロフ帳の紙を友人から回収した際に読んでいて、楽しい人とそうではない人が居たのではないでしょうか。ここで2点「読んでいてい面白くない人」をピックアップしてみましょう。

~ケース①自分を説明しないヒミツちゃんorわからん君~
私は_わからん_な性格だけど、周りから_わからん_だと思われているよ!好きなことは_いろいろ_で最近嬉しかったことは_ヒミツ_だよ。

~ケース②漠然として内容バリバリ超定型文型さん~
私は_普通__な性格だけど、周りから_楽しい人_だと思われているよ!好きなことは_流行っていること_で最近嬉しかったことは_Instagramのいいねが沢山きたこと_だよ。
(さすがにこんなこと書いていた子はクセ強めですよね笑)

どうでしょうか。
ケース①の場合:どんな人なのか、どのような考えをするのか伝わらない
ケース②の場合:何が普通なのか、沢山なのかが漠然としており分からない
以上のようなものだとコンテンツがない自己紹介になってしまいますよね。

これをESに置き換えた場合も同様なことが言えると思います。
その人のことが分からない文章

形容詞の説明がなく漠然とした文章
である場合、コンテンツが薄いESになりかねません😔

ではどうすれば良いのでしょうか。
答えは簡単!皆さんもうお気づきからも知れませんが…
」をすればよいんです✨
(凄いこと言ってそうで言ってないランキング1位)

まずケース①から見ていくと、
ESは「あなたがどんな人なのか」を表現する場であり、「どのような考えをする人か」を見ています。
そのため、大切なことは、成果の大きさではなく、行動をした際に感じた「なぜ起こそうと思ったのか」といった過程・背景です。
例えば、
「私は、日吉時代にサークルで参加者を3倍に増やした」よりも
「サークルにおいて参加者減少が著しかった。状況を改善のため、委員だけでなく下級生までも呼び込みに巻き込めるような“参加率重視のチーム対抗戦”を行い参加者を3倍に伸ばした」

の方が、取った行動の過程を伝えることができると共に、他者を巻き込んで考えられるリーダー的な存在であるという「キャラづくり」もできます😊
なぜ行ったのか?を何度も自分に問いかけて、過程やその時の気持ちをぜひ思い出してみてください。

ではお次、ケース②漠然とした文章について見ていきましょう!
ESを読む人は当たり前ですが、私たち人間です。
(凄いこと言ってそうで言ってないランキング2位)
そのため、

教授の授業が「楽しく」マーケティングに興味を持った。

などといった形容詞のみで説明された文章の場合、受け取り側と自分の「楽しい」に差があるかもしれません。

教授の授業を受けていくうちに、自分の普段の購買行動が心理要因まで含め形式化されていく消費者行動論に面白さを感じ興味を持った。
(一例なのであくまでも参考でお願いします笑)
の方がマーケティングのどこに惹かれたのかが分かりますよね。

長くなってしまいましたが、以上ケース①・②より
☑その人の考えや価値観が分かる行動過程背景を重視
程度が分かるように形容詞を使う(避けても良いと思います)
☑コミュニティ内でしか使われない専門用語を避ける
といった工夫をして

書き手らしさを体現したメッセージをどの第3者が読んでも同じように受け取るES
を目指してみてください!
(あくまでも私の経験から考えた個人の見解なので参考程度にお願いします)

最後にESの内容面以外に関するアドバイスを2つほどすると、
・多くの人に見てもらおう!
▷▷▷
一度で内容が入ってくるESになっているのか確認する有効な手段です!
私はサークルについて書いていたので、サークルの先輩、サークル外の人(家族)の4.5人に見てもらいました👀
・出来上がったものをコピーしておくこと!
▷▷▷
面接はESを基に行われるので、コピーを取っておくと事前に確認ができたり、聞かれそうだと思った所にどうこたえるのかを書き込んだりができるのでオススメです🙆

長くはなってしまいましたが、このブログを読んで少しでもESのヒントになれば幸いです✨
過去のブログにも先輩達からのヒントが詰まっているのでお時間があれば読んでみて下さいね。
皆さんが考え抜いたESを読むのを今から楽しみにしています🌸

2つ上の先輩までのURLはこちらです~
2019:http://keioshimizu.blog129.fc2.com/blog-entry-168.html
2018:http://keioshimizu.blog129.fc2.com/blog-entry-143.html


次は、今日もお箸・スプーン・ウェットティッシュ・マスク...etcをかばんから出してくれる、Mr.なんでも屋さんのしまけんこと島田健太が「成績と筆記試験」について書いてくれます!
論理的なしまけんなので、ブログもきっとスッキリ分かりやすいだろうな~是非チェックしてください😊
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keioshimizu.blog129.fc2.com/tb.php/187-8e813a8f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する