Entries

清水ゼミの年間スケジュール!

みなさん!明けましておめでとうございます🎍
2020年になりましたね~!
今回は、美容系大好き清水ゼミのIKKOこと三木谷莉帆(みきたにりほ)が担当します!
清水ゼミの副代表を務めさせていただいています!
私は神戸出身なのですが、東京に来て2年半は経つのに全く関西弁が消えません。
なので、関西弁の人がいるな~と思ったらそれは私なのでいつでも声をかけてくださいね🙌

さて!今回のテーマは「ゼミの年間スケジュール」についてです!

清水ゼミでは大きく年に3回発表機会があります!
4~5月に行われる第1回研究、5月~6月に行われる第2回研究、そして6月から11月に行われる関東マーケティング大会(関マケ)です。
ではそれぞれについて詳しく説明していきます!

第一回研究はゼミに入るとすぐに4~5人のグループに分けられ、与えられたテーマをもとに研究します。
私たちは飲料メーカー4社の中から各班1社ずつを対象とし、「各社の売り上げをあげるにはどうすればいいか」というテーマで、ビールや発泡酒を商材として研究をしました!
はじめはどのように研究を進めたらいいのかわからず手探り状態でした。
でも大丈夫!各班に担当の先輩がついてくださり、親身になってサポートしてくれます!
研究に必要な分析も最初はさっぱりわかりませんでしたが、先輩がサブゼミの時間に丁寧に教えてくれるので心配ご無用👍
研究の結果は、読売広告社さんをお招きし、横浜国立大学の寺本ゼミさんとのインゼミという形で発表しました。
実務家の方からのフィードバックをいただき、同じマーケティングを専攻している他の学生の発表を聞くことで、沢山の刺激を受けました!
D6679492-4768-4E91-9856-400 - コピー

またちょうどこの時期に、商学部ゼミナール委員会が主催のソフトボール大会があります⚾
ゼミで一丸となって楽しむことができるため、同期ともっと仲良くなれます!
0ABBED66-69F9-4F30-8071-400 - コピー

第1回研究が終わると第2回研究が始まります。第2回研究ではテーマから自分たちで設定し、テーマにまつわるデータを収集したり、アンケートを作成します。
私たちの第2回の研究テーマは「若者のレトロ空間利用意向の研究」「行列のビジネスチャンス~ネガティブ感情に着目して~」「飲食店選びにおけるグルメサイトへの提案」でした!
自分たちの興味のあるテーマを自由に設定できたのは面白かったのですが、興味を引きつけるキャッチーなテーマを見つけることが難しく、日常の生活から何か面白い研究テーマはないかなぁ。。。とみんなアンテナを張ってました笑
テーマが決まるとデータを集めて仮説を設定し、作成したアンケートを友人等に回答してもらいます。
その結果を分析した時に予想した結果が出ず、研究はそう簡単にはいかないという厳しさを目の当たりにすることもありましたが、くじけることなく班員で支え合い、力を合わせて取り組みました。ゼミ終わりに全班がゼミの部屋に残って研究していたことがあったのですが、研究の息抜き☕️ということでピザを頼んでみんなで食べたこともありました🍕笑
研究って大変そう💦って思われる方もいるかもしれませんが、こうやってリフレッシュを挟みながら研究を進められるので結構楽しいですよ
51E088B6-D15B-4C33-95C4-400 - コピー

そして第2回研究を終え、試験明けの夏休みから本格的に関マケに向けての研究が始まります!
優勝を目指し、第2回研究と同様、テーマを自分たちで設定し研究を進めます。
またそれまでの1カ月ちょっとで行う研究とは違い、4カ月かけて完成させる研究なので、全員が納得できるよう時間をかけてじっくり議論を重ねていきます。
これを聞いて関マケの研究は結構大変そう・・・と身構えた方がいたかもしれませんが、もちろん部屋にこもってひたすら研究するだけではありません!
研究終わりにごはんを食べに行ったり、遊びに行ったりと息抜きもバッチリしてました!😊
研究期間が長いからこそ班員と過ごす時間がより濃くなり、家族のような存在になります👪

夏休みには2泊3日の合宿があります!まず初日に夏休みの成果として研究の中間発表を行い、先生や先輩方から頂いたフィードバックをもとに修正し2日目に再び発表します!夜には花火をしたり飲み会をしたり、翌日は海で遊んだりとちゃんと夏も満喫しました🎇🏖
それが終わると9月に関マケの中間発表があります!これは当日の審査員である実務家の方からフィードバックを頂ける貴重な機会です!
ここで得た新たな視点を取り入れ、研究に深みを出していきます。
22950E00-7A80-49B8-BC49-400 - コピー
265604343ab65089cdf5c2b7cb2567b6d27ac400 - コピー

10月末にはいよいよ論文提出です!
関マケでは論文とプレゼンの両方が審査対象になるので、分担しながら進めていきました。
最後の最後まで確認をして、提出した時の達成感は忘れられません🥺

論文を提出すると、今度はプレゼンの練習です!何度も練習し、修正を重ねて仕上げます!
どんな状況でも完璧に言えるよう、観客になってもらったゼミ生(他の班)に変顔してもらって練習したこともありました笑

そして関マケ当日、、、
審査は一次審査→二次審査→最終審査というように進んでいきます。
なんと全班最終審査に進出することができました!
最終審査に進める班が発表され、画面に清水ゼミ全班の名前が映し出された時の感動とドキドキは今でも忘れられません・・・!
研究期間、うまく進まず頭を抱えたこともありましたが、清水ゼミに入ってこの感動を味わえて本当によかったと心から思いました😌
関マケが終わると、三田祭でのマケ論発表会があります!ここでは清水ゼミから代表して私たち2班が発表しました!
493743011a38a142494f3ecfdac816d7e5dc400 - コピー

これに加えて、NY・NJの大学や企業様に伺い関マケの研究を発表させていただいたり、企業様の調査に参加させていただいたりなど、ゼミ外でのインプット・アウトプットの機会が多いのも清水ゼミの特徴かなと思います!
これらについても、ブログで詳しく紹介するので楽しみにしていてくださいね🌟

以上がざっくりとした1年の流れです!なんとなく想像できたでしょうか?
研究だけでなく、思い出づくりも本気で取り組む清水ゼミだからこそ得られる1年はここで書ききれないほど充実しています!

このブログを読んで、少しでも清水ゼミに興味を持ってくれた人は1/18(土)の第三回説明会に是非いらしてください!!ゼミの活動やアットホームな雰囲気を知れる最後の機会です!

次回は天使なのに驚異的な握力の持ち主と噂される!?いでちが「三田祭~マケ論~」について書いてくれます!お楽しみに😆
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keioshimizu.blog129.fc2.com/tb.php/182-ddc74f35

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する