Entries

【番外編】清水ゼミに入って成長したこと①

2年生の皆さんこんにちは~!
今回と次回は、これまでと違って、清水ゼミ8期の4年生がブログにお邪魔させていただきます

まずは自己紹介から。雄大からなんだかとても照れてしまう紹介をいただきました、4年生の天野祐花といいます。
後輩大好き人間なので、昨年度は入ゼミ係をして、9期の選考活動に全て関わっていました!その視点からもブログを書かせていただきます!

今回のテーマ「清水ゼミに入って成長したこと・得られたもの」は、私にとって大きく視野が広がったことです。
それは、①清水ゼミでは普通のゼミではできないような貴重な経験ができ、そして②優秀な人との出会いがあるからです。

①は3年生がお伝えしてきている通り、清水ゼミでは、関マケへの出場、企業との共同研究、海外発表等の経験ができます。マーケティングを学問的な側面だけではなく、実務的な側面からしっかり学ぶことができます。
そして、これらに全力で取り組んだ経験は、自分の自信にも繋がります。私は大学1~2年で夢中になれることが見つからなかったため、ゼミではこれは頑張った!と胸を張って言えるように本気で研究と向き合おうと考えていました。関東マーケティング大会で優勝だけを目指して、メンバーと沢山喧嘩して、頭が痛くなるほど議論をしていた日々は、正直とても苦しかったです。でも、あれほど一つのことに一生懸命になれる経験はなかなかできないし、研究がなんとか形になっていく中で、周りのメンバーだけでなく、自分も成長を実感できるあの4カ月は、とても充実していました。
また、いわゆる「論理的思考」や「コミュニケーション能力」も気が付いたら身についてきて、就活だけでなく、今後社会人になっていく上で役に立ちます。個人的な話になるのですが、私が4月から就職する企業は、ゼミで学んだことをもっともっと究めたい!という思いで就職を決めました。このゼミに入ったからこそ、社会にでる上での選択肢が広がったと思います。

②は、先生をはじめとする、優秀な先輩・同期・後輩との出会いです。
先生はゼミ生に本当に親身になって寄り添ってくれます。就活中には、私たちと1対1で面談をしていただき、ゼミ生一人ひとりの強み弱みをしっかり見て、様々なお話しをしてくださいます。実際、私が就活でうまくいかなかったときには、厳しくも愛のある意見や、志望業界や企業の動向をアドバイスしていただきました。
また、先輩や直接は関わっていなかったOBOGの方々も、とても優秀で、とても親身になってくださいます。またもや就活期のエピソードになってしまいますが、辛い時に飲みに誘ってくれて話を聞いてくださった先輩、お忙しい中時間を割いてくださったOBOGさんが、たくさん頼らせてくださったからこそ、就活も満足のいく結果になったと思います。もちろん一緒に辛いことを乗り越えてきた同期、かわいいかわいい後輩にもたくさん励まし励まされ、刺激を受けて、一生付き合っていきたい人たちに出会えました。


最後に、清水ゼミに入りたい!と思っている2年生に伝えたいのは、3年生と先生に「この子を後輩にしたい!!!」と思わせるが勝ちということです。
それをアピールできるのは、面接官に目が触れる「全て」です。
ゼミ試験では筆記試験やグループワーク・面接と、課題が盛りだくさんですが、逆にアピールできるチャンスがいくつも用意されているということです。全てにおいて完璧にはなれないけれど、ここだけは絶対負けない!と思えることをしっかり準備しておくと、落ち着いて臨めると思います。

例えば、私が去年通称ラブレターといって9期の何人かに力説していたESでは、確実に皆さん一人ひとりの第一印象が決まります。「自分がゼミに入ったらどう活躍できるのか、それまでの経験を根拠に、ただ伝えるのではなく伝わるように」、書いてくださいね!3年生は皆さんのESをかなり熟読して、ゼミ試験に臨みます。私はこの子がこんなエピソード書いていたというのを今でも覚えています(笑)今絶賛就活中でESを書いている3年生は、ESの練り込み具合を見抜けます。エピソードのすごさを求めているわけではありません。ESをここまで来たかと思わせるくらい練り込む力と、そこまで頑張れる熱意が垣間見れるESを作ってくださいね。
また、面接では、何を話すかということももちろん重要ですが、それ以外の部分もしっかり見られていることを意識してください。それ以外の部分というのは、服装、話すときの姿勢、表情、教室への入退場等です。私は面接に苦手意識があったので、母を相手に、教室に入るところから、模擬面接をやってもらいました。髪をすぐ触ってしまったり、「なんか」をすぐ言ってしまう癖を少しでも直して臨みました(笑)


とても長くなってしまいましたが、清水ゼミに入りたいという2年生に少しでも何かが届いていれば嬉しいです。私は大学生活、これからの社会人生活に影響を大きく与えてくれたこのゼミにとても感謝しています。怖かったけれど、清水ゼミを受けると決めてよかったです。
2年生が本気で臨んでくれるように、3年生も本気で皆さんに向き合います。未来の10期生に会えるのを私たち4年生もとても楽しみにしています。がんばれーーーー!!
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keioshimizu.blog129.fc2.com/tb.php/174-fca10def

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する