Latest Entries

清水ゼミのタテのつながり

皆さんこんにちは!
期末レポート真っ盛りで日々パソコンとにらめっこする時期になってきましたね😅
レポート提出に疲れた方の憩いの場となれたら幸いです🥰

今回のブログは、まさひろからご紹介に預かりました、入ゼミ係の中川梨紗子が担当します!
2度目の自粛期間を充実したものにすべく、料理の腕を磨こうと食器を買いそろえました~!
形から入るタイプ…3日坊主にならないことを祈ります…笑

さて、今回のテーマは、清水ゼミの「タテのつながり」についてです。
私たちの代で11期となる清水ゼミには、慶應義塾大学では1期から10期までの偉大な先輩方、さらには明治学院大学ご卒業の先輩方がいらっしゃいます。
「でも、実際先輩方と関わることってあるの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
そんな疑問にお応えしていきます!

まず、私たちの心の支えかつスーパーアドバイザーの10期の先輩方について!
ゼミに入ってすぐに第1回研究が始まるのですが、10期の先輩方は無知な私たちに手取り足取り指導してくださいます!
論の立て方、既存研究や統計ソフトの使い方、パワーポイントの作り方まで…。
行き詰ったときには、一緒に考えてくださることもありました😢

ある班は、OBOGの方にも研究にご協力いただきました!
学生時代に心血を注いできたゼミの後輩ともあれば🔥と快くインタビューに応じてくださいました。
中には応援メッセージを送ってくださるOBOGの方もいらっしゃり、研究の癒しになりました…。
社会人の方々と研究について語り合えることは、歴史の深い清水ゼミならではのメリットですね!💡

ん?「研究でしか関われないの?🥺」ですって?!
もちろん、研究以外にも先輩方と深く関わることができますよ~!
そのうちの1つがOBOG会です。
OBOG会とは毎年開催されるゼミのイベントで、清水先生と現役ゼミ生、OBOGの方が一堂に集結します。
今年は新型コロナウイルスの影響により、残念ながら中止になってしまいました😢

OBOG会以外にも、10期の先輩方とはオンライン飲みで仲を深めています!
研究のアドバイスをしてくれるだけでなく、履修やESの添削まで何でも相談に乗ってくださいます。
リアル飲みができる日が早く来ることを願うばかりです笑

このように、清水ゼミに入ったらこんなに素敵な先輩方に出会うことができます!
私自身、オンラインでこんなに先輩方と深く関わることができるとは思ってもみませんでした😲
大学生のうちから、社会人の方々と関わりを持つことができるのは非常に貴重な縁です!
何より、社会に出た時に必要とされるマナーや言葉使いが自然と身に付きます。
10期の先輩方やOBOGの方も同じように清水ゼミの「タテのつながり」の強さを感じていると思います。
だからこそ、後輩に慕われる方々ばかりなのですね!
私も12期や未来の後輩たちの手本となれるよう背筋が伸びる思いです!

ぜひ、清水ゼミに入って素敵な出会いの仲間入りをしましょう✌

次回は、清水ゼミの天使!彼女がいるだけで全員が笑顔になれる!の肩書を持つ「ももこ」こと大田桃子がES(エントリーシート)についてのブログを書いてくれます!

空気が乾燥して体調を崩しやすい時期ですが、健康に気を付けて毎日楽しく過ごしましょう🌱

三田祭 マケ論(商学部マーケティングゼミ合同三田論発表会)

みなさんこんにちは!

最近は、一段と寒くなり、一日中布団の中から出ることができません。
そのせいで、レポートが溜まり、徐々に焦りを感じています。
例年と違う試験期間で、色々と大変ですが、頑張って乗り切りましょう!

今回のブログは、かやのからミステリアスな面を持つと紹介された、合宿係の加藤誠大が担当します。
ブログは、シンプルに書こうと思っているので、最後まで見ていただけると幸いです。

今回は、三田論(マケ論)についてブログを書きたいと思います。
三田論(マケ論)とは、「三田祭期間中に、商学部のマーケティングゼミが集まり、お互いに研究の成果を発表し合うことを目的にした行事」のことです。
正式名称は、「商学部マーケティングゼミ合同三田論発表会」で、略してマケ論と呼ばれています。

私は、2年生の時に、マケ論発表を見にいき、先輩方の発表の凄さにとても驚いたのを覚えています。
また、ゼミごとに研究内容が異なっていたので、ゼミ選びにとても役立ちました。

マケ論には、毎年、清水ゼミから1つの班が参加しています。
今年は、私も所属する「切替消費班」が参加しました。
例年とは違い、オンラインでの開催でしたが、とてもいい経験になりました。
よろしければ、こちらのURLから当日の発表が視聴できます!
https://www.youtube.com/watch?v=U9JpumEiS2w

普段は関わりのない教授からフィードバックをいただける機会はとても貴重で、その後の研究に活かすことができました。
また、他ゼミの研究発表を聞き、とても刺激を受けました。
来年のマケ論は、どのような形で行われるか分かりませんが、今から楽しみにしています。

短いですが、マケ論はこんな感じです。
読んでいる方が少しでもイメージを持っていただければ嬉しいです!

次回のブログは、清水ゼミで一番しっかりしている、りさこが、清水ゼミのタテのつながりについて書いてくれるので、みなさん楽しみにお待ち下さい!

関東学生マーケティング大会

皆さんこんにちは!
お正月から約1週間が経ち、これから期末試験期間に突入しますね!
何かと忙しい時期だとは思いますが、休憩がてらにこのブログを読んでくれたら嬉しいです🙂☕️

今回のブログは、梅ちゃんからご紹介に預かりました、関マケ係の渡邉花弥乃が担当します!
私は最近、どうぶつの森にハマりまくってます。
でも、お金がないのでSwitchのあつ森ではなく、スマホの無料アプリです ☹️
同士がいたら、ぜひお話ししましょう…笑

さて、今回のテーマは、清水ゼミが最も力を入れている活動、「関マケ」です。
「関マケ」とは「関東学生マーケティング大会」の略で、毎年11月に関東圏のマーケティングゼミが集まって研究の発表をし、順位を争う大会です。
それだけでなく、研究分野が違うゼミ生とマーケティングという学問について切磋琢磨することや、色々な学生や実務家と触れ合うことで多様な考え方や価値観を学ぶことが、この大会の目的となっています!

今年は「新しい社会のマーケティング」というテーマのもと、12大学54チームが参加し、研究発表を行いました。
清水ゼミは5人1組となり、「切り替え消費班」「自律消費班」「応援消費班」の3つのグループが出場しました!
今年は残念ながら、新型コロナウイルスの影響でオンラインでの発表となりました👨🏻‍💻

具体的な期間については、8月頭から研究を始め、9月半ばに中間発表、10月末に論文提出、そして11月末に最終発表を行いました!
中間発表では、現状進んでいる部分までの発表を行い、ざっくばらんな雰囲気で実務家から今後の方針に関するフィードバックを頂けます。
そして最終発表では、緊張感のある中でプレゼンを行い、各ゼミの大学院生、実務家の方々に審査をしていただきます。

最終発表の審査には、「論文審査」「プレゼン審査」の2つがあります。
10月末に提出する論文で優秀な成績を収めると「論文賞」、11月末のプレゼン審査で優秀な成績を収めると「プレゼン賞」、さらにそれらの合計得点が高い班には「総合賞」が贈られます。
清水ゼミはプレゼン審査において、54チーム中5チームが進むことのできる最終審査に2つの班が進むことができ、「応援消費班」がプレゼン賞1位をいただきました👏

↓こちらは優勝した応援消費班の写真です!Zoomを使って撮ってます!
カンマケ1

先述のとおり、今年は新型コロナウイルスの影響を受けて、グループワーク、中間発表、最終発表も、全て原則オンラインでの活動となってしまいました。
最終発表では、各班の代表の家に集まったり、会議室を借りたりして班ごとに集まってプレゼンを行うことができましたが、会場の雰囲気を体感することができなかったのが少し寂しいです😞
しかしながら、長い時間をかけて行ったこの研究では、得られることが沢山ありました!
マーケティングに関する知見を深めるだけでなく、グループワークを仲間と共にやっていくうえで沢山悩み、成長できる部分があると思います。
また、大学生活中で最も力を入れた活動となると思います!

「大会に出場して成長したい!」という皆さん!ぜひ清水ゼミをご検討ください😚

次回は気配り上手なジェントルマンでありながら、ミステリアスな面も持つ「まさひろ」こと加藤誠大が三田祭(マケ論)についてのブログを書いてくれます!

新型コロナウイルスが再流行し、大変な時期ですが、コロナに負けずに元気にやっていきましょうー!💪

入ゼミ全体の流れ

皆さん!!
明けましておめでとうございます!
このブログを読んでいる方、おせちで満腹なんじゃないですか?
お酒を飲みすぎていませんか?
幸せに満ちているであろう2021年の始まりです。
3密を避けて存分にお正月を楽しみましょう~

前回の紹介文で、なんと可愛い男の子と紹介されていたらしいです(照)。
個人的には、ダンディーを追求した2020年だったのですが…そんなはずじゃ…
2021年は「アザトカワイイ」で食べていくことを決意した梅澤俊介です。

さて!今回は「入ゼミ全体の流れ」について書いていきます!!
主に、
今後の入ゼミイベント
入ゼミ試験当日の流れ
の2つをお話ししたいと思います!!
「ES」・「筆記試験とグループワーク」・「面接」の詳細については今後、他の11期生が書いてくれる予定になっています~!

では早速始めましょう!!

①今後の入ゼミイベント
◎第三回ゼミ説明会 2月6日(土)
これが最後のゼミ説明会です!
清水ゼミ生ともっと直接交流できる形で説明会を行おうと思っており、「最後に清水ゼミの雰囲気を確かめたい!」という方はぜひお越しください!
また、この説明会までには“今年の入ゼミ試験の概要”についても確定していると思われるので、清水ゼミを狙っている方もぜひお越しください~

②入ゼミ試験当日の流れ
では次に、入ゼミ試験当日のイメージをつかんでもらうために私が去年受けたタイムスケジュールについて紹介したいと思います!
去年のものなので変更の可能性はあります!
あくまで参考程度にしてください笑

8:00 起床
全てwebでのゼミ試だったため大学に行く必要がなかったです。
いつも以上に睡眠がとれたため、ラッキー笑
朝ごはんをたくさん食べ、コンディションを整えました笑

◎一次選考
9:00~10:00 筆記試験
休憩
10:45~11:15 グループディスカッション
お昼休憩

◎二次選考
12:10~18:10個人面接(学生+教授面接)
一人15分程度の面接でした。
とても緊張しましたが、自宅で面接を受けることができるためにそこまでテンパることもなかったです!
待ち時間も優雅に過ごせました~
意外と1次選考よりも2次選考の方が楽しかったのを覚えています!

全てがweb上で行われたゼミ試験で、個人的にはかなり焦りました笑
今まで対面を想定して対策していたのがいきなりオンラインゼミ試験…
思いだすだけでも震えます笑 皆さんは柔軟な対策をお勧めします!!

以上がゼミ試験当日の流れでした!

―――――――――――――――――――――――――――――

さていかがだったでしょうか??
ゼミ試験当日は不安になると思いますが、皆さんの思いを伝えてください!
2年生のみなさんにお会いできる日を楽しみにしています!

次回は、清水ゼミ随一のゆるふわ女子であり時々見せる毒舌にしびれないゼミ員はいないとされる”かやの”こと渡邉花弥乃が担当してくれます。
皆さんお楽しみに!!!

ゼミとの両立

街にきらめく赤は緑と別れ、新たに白とバディを組む季節になって参りましたが、
2年生のみなさんはいかがお過ごしでしょうか!

前回のゆーやの紹介文で、ゴリゴリのいかつい女を想像されていないか心配している、やまもとかのかです🤧

さて今回は、「ゼミとの両立」についてお話ししたいと思います!
私自身、体育会のソフトボール部に所属していたため、ゼミ選びの際に「部活と両立ができるか否か」は大きな懸念点でした。
そんな当時の私と同じように、サークルやバイト、遊びなどと両立できるのか不安に思っている2年生も多いのではないでしょうか。

結論から言ってしまうと、両立はできます!!
できます、というか、気合で両立させます!!というのが本音ですが笑

清水ゼミに入ると最も忙しいのは、関東学生マーケティング大会に向けて活動する約3ヶ月間です。
正直その時期は干からびそうになりますが、オンオフの切り替えであったり、タイムマネジメントの仕方を学ぶ良い機会になったと思います。
それに、両立の大変さはみんなわかっているので、基本的に寛容です☺️
バイト頑張って〜とか、明日早いなら寝た方がいいよ〜とか。
あ、デートの場合は執拗ないじりを受けたりするかも知れせんが🤭
仮にグループワークに参加できないメンバーがいたとしても、補い合えるのがまた良いところですよね!

せっかく自分の時間を自由に使える大学生活です!
ゼミも、ゼミ以外のことも、全部楽しんじゃえ!!というのが私のモットーです👶🏻
そこに必要なのは、気合であって、言い訳は無用です😉
こんな風に言ってしまうと、清水ゼミはゴリゴリな人たちの集まりかと思ってしまわれるかもしれませんが大丈夫、飲み会が好きで、髪色がやばかった時期もあって、ゲームしたり、旅行したり、、みたいな普通の大学生です😇
だから、これは清水ゼミに限ったことではないですが、
両立の不安から志望のゼミを諦めることは絶対にしないで欲しいなと思います!

ゼミと部活とバイトと就活と。
何かの曲名みたいですが、清水ゼミのゼミ員ほとんどが何かしらと両立しています!
もし不安なことがあれば第3回説明会でも詳しくお話しできるので、ぜひ相談してください👵🏻

次回は、スイーツ大好きで自分の可愛さをわかっているあざとい梅ちゃんが、「入ゼミ全体の流れ」について説明してくれます!
必見です👀

Appendix

プロフィール

清水聰研究会

Author:清水聰研究会
清水聰研究会2015年度始動です!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR