Latest Entries

関マケって...??

今回のブログは、いでちからご紹介に預かりました関マケ係の楠田宗平が担当します!
先生に授業で自分の服装を褒めていただいてから、ハードルが爆上がりしております。
(ありがたいことなのですが、、、笑)

私は幼稚園の頃からサッカーをしていて、大学入るまで続けていました。
大学に入ってからは特に運動していなかったのですが、金欠でお昼ご飯を抜き続けた結果、7キロ痩せるという偉業を成し遂げました。ただダイエットとしてはおすすめしません笑

くだらない話は置いておいて、
今回のブログのテーマは、「関マケ」です。
私たちは7月から11月の約5か月間をこの研究に注いでいて、最も力を入れている活動です!

「関マケ」とは「関東学生マーケティング大会」のことで、毎年11月に関東圏のマーケティングゼミが集まって研究の発表をし、順位を争う大会です。
約30年以上開催されてきた歴史ある大会であり、順位を争うだけでなく、異なる分野、様々なテーマのゼミの研究発表を聞くことでよい刺激を受けることができます。

また、大会の審査員として各ゼミの大学院生に加え、企業の実務に携わっている方をお招きします。多くの有名な企業の方々がいらっしゃるため、緊張はしますが、フィードバックを直接いただけるので非常に勉強になります!

そして、審査としては、「論文審査」「プレゼン審査」の2つがあります。
10月末に提出する論文で優秀な成績を収めると「論文賞」、11月末のプレゼン審査で優秀な成績を収めると「プレゼン賞」、さらにそれらの合計得点が高い班には「総合賞」が贈られます。

今年は11大学から44チームが参加し、私たちは5人1組の3グループに分かれて出場しました。私たちはプレゼン審査において、44チーム中5チームが進むことのできる3次審査に、全班が進むことができ、「疑似消費班」がプレゼン賞3位をいただきました。また、論文審査においては、「音声広告班」が論文賞3位、そして総合賞2位をいただき、総じて良い結果を収めることができました!
IMG_8062 500 - コピー

関マケは結果ももちろんですが、長い時間をかけて行う研究であるからこそ、得られるものや成長できる部分が多くあります。また、大学生活のどの活動よりも、間違いなく最も力を入れたことであるといえると思います!

ここまで長々と、関マケについて説明してきましたが、私たちの最も力を入れている大きい大会なんだなということが伝われば嬉しいです!

次回は帰国子女であり、何でもこなせてしまうキャリアウーマン、きりこが海外発表について書いてくれます!お楽しみに!

三田祭~マケ論~

こんにちは✨

今回のブログは、三田祭・OBOG係の井出千尋が担当します!
りほから「驚異的な握力」と紹介されたのですが、実際は全然大したことないので怖がらないでください笑

静岡出身で、冬休みは実家に帰省していました🗻帰省中自分を甘やかして食べまくっていたら3kg太ってしまったので、絶賛ダイエット中です😭

サークルはスローフードクラブに入っています👨‍🌾畑で野菜を作ったり、料理会をする、とってもゆるいサークルです!笑
実は日吉キャンパスにサークルの畑があるので、興味がある方はぜひ足を運んでみてください✨

前置きが長くなってしまったのですが、今回は「三田祭〜マケ論〜」についてブログを書きたいと思います🖋

マケ論って何??って思った方、たくさんいらっしゃると思います!ちなみに私も去年までその存在を知りませんでした笑

なので一応説明すると、マケ論とは「三田祭期間中に、商学部のマーケティングゼミが集まり、互いに研究成果を発表し合うことを目的とした行事」です!

正式には、「商学部マーケティングゼミ合同三田論発表会」という行事なのですが、長いので略してマケ論と呼んでいます🙌

毎年、清水ゼミでは、関マケグループの中の1班がプレゼンをしています✨
ちなみに今年は、私も所属する2班が発表してきました!
発表の様子はこんな感じです!
S__12378130 500 - コピー

緊張しましたが、ゼミ生だけでなく、来場された一般のお客様にも、清水ゼミの研究って面白い💡と思ってもらえたら嬉しいなと思いながら発表していました!

また、普段関わりのない他のゼミの発表を聞くことで、「マーケティングってこんな視点からも研究できるんだ!」と刺激を受ける機会になりました✨

このように、他のゼミについて理解を深めるだけでなく、互いに高め合える場となったのではないかと思いました!

拙い文章でしたが、マケ論について少しでもイメージを持ってもらえたら嬉しいです😊

今回紹介したマケ論のように、清水ゼミにはゼミ外でも成長できる機会が沢山あります!
興味を持たれた方は、HPやTwitterを覗いてみてください👀

また、1/18(土)には第三回ゼミ説明会があるので、ぜひ清水ゼミのブースに足を運んでみてくださいね!活動だけではなく、ゼミの雰囲気も分かるとってもいい機会だと思います💪

次回は先生も認めるおしゃれBOY🎩しゅーちゃんが「関マケ」について書いてくれます!お楽しみに🥰

清水ゼミの年間スケジュール!

みなさん!明けましておめでとうございます🎍
2020年になりましたね~!
今回は、美容系大好き清水ゼミのIKKOこと三木谷莉帆(みきたにりほ)が担当します!
清水ゼミの副代表を務めさせていただいています!
私は神戸出身なのですが、東京に来て2年半は経つのに全く関西弁が消えません。
なので、関西弁の人がいるな~と思ったらそれは私なのでいつでも声をかけてくださいね🙌

さて!今回のテーマは「ゼミの年間スケジュール」についてです!

清水ゼミでは大きく年に3回発表機会があります!
4~5月に行われる第1回研究、5月~6月に行われる第2回研究、そして6月から11月に行われる関東マーケティング大会(関マケ)です。
ではそれぞれについて詳しく説明していきます!

第一回研究はゼミに入るとすぐに4~5人のグループに分けられ、与えられたテーマをもとに研究します。
私たちは飲料メーカー4社の中から各班1社ずつを対象とし、「各社の売り上げをあげるにはどうすればいいか」というテーマで、ビールや発泡酒を商材として研究をしました!
はじめはどのように研究を進めたらいいのかわからず手探り状態でした。
でも大丈夫!各班に担当の先輩がついてくださり、親身になってサポートしてくれます!
研究に必要な分析も最初はさっぱりわかりませんでしたが、先輩がサブゼミの時間に丁寧に教えてくれるので心配ご無用👍
研究の結果は、読売広告社さんをお招きし、横浜国立大学の寺本ゼミさんとのインゼミという形で発表しました。
実務家の方からのフィードバックをいただき、同じマーケティングを専攻している他の学生の発表を聞くことで、沢山の刺激を受けました!
D6679492-4768-4E91-9856-400 - コピー

またちょうどこの時期に、商学部ゼミナール委員会が主催のソフトボール大会があります⚾
ゼミで一丸となって楽しむことができるため、同期ともっと仲良くなれます!
0ABBED66-69F9-4F30-8071-400 - コピー

第1回研究が終わると第2回研究が始まります。第2回研究ではテーマから自分たちで設定し、テーマにまつわるデータを収集したり、アンケートを作成します。
私たちの第2回の研究テーマは「若者のレトロ空間利用意向の研究」「行列のビジネスチャンス~ネガティブ感情に着目して~」「飲食店選びにおけるグルメサイトへの提案」でした!
自分たちの興味のあるテーマを自由に設定できたのは面白かったのですが、興味を引きつけるキャッチーなテーマを見つけることが難しく、日常の生活から何か面白い研究テーマはないかなぁ。。。とみんなアンテナを張ってました笑
テーマが決まるとデータを集めて仮説を設定し、作成したアンケートを友人等に回答してもらいます。
その結果を分析した時に予想した結果が出ず、研究はそう簡単にはいかないという厳しさを目の当たりにすることもありましたが、くじけることなく班員で支え合い、力を合わせて取り組みました。ゼミ終わりに全班がゼミの部屋に残って研究していたことがあったのですが、研究の息抜き☕️ということでピザを頼んでみんなで食べたこともありました🍕笑
研究って大変そう💦って思われる方もいるかもしれませんが、こうやってリフレッシュを挟みながら研究を進められるので結構楽しいですよ
51E088B6-D15B-4C33-95C4-400 - コピー

そして第2回研究を終え、試験明けの夏休みから本格的に関マケに向けての研究が始まります!
優勝を目指し、第2回研究と同様、テーマを自分たちで設定し研究を進めます。
またそれまでの1カ月ちょっとで行う研究とは違い、4カ月かけて完成させる研究なので、全員が納得できるよう時間をかけてじっくり議論を重ねていきます。
これを聞いて関マケの研究は結構大変そう・・・と身構えた方がいたかもしれませんが、もちろん部屋にこもってひたすら研究するだけではありません!
研究終わりにごはんを食べに行ったり、遊びに行ったりと息抜きもバッチリしてました!😊
研究期間が長いからこそ班員と過ごす時間がより濃くなり、家族のような存在になります👪

夏休みには2泊3日の合宿があります!まず初日に夏休みの成果として研究の中間発表を行い、先生や先輩方から頂いたフィードバックをもとに修正し2日目に再び発表します!夜には花火をしたり飲み会をしたり、翌日は海で遊んだりとちゃんと夏も満喫しました🎇🏖
それが終わると9月に関マケの中間発表があります!これは当日の審査員である実務家の方からフィードバックを頂ける貴重な機会です!
ここで得た新たな視点を取り入れ、研究に深みを出していきます。
22950E00-7A80-49B8-BC49-400 - コピー
265604343ab65089cdf5c2b7cb2567b6d27ac400 - コピー

10月末にはいよいよ論文提出です!
関マケでは論文とプレゼンの両方が審査対象になるので、分担しながら進めていきました。
最後の最後まで確認をして、提出した時の達成感は忘れられません🥺

論文を提出すると、今度はプレゼンの練習です!何度も練習し、修正を重ねて仕上げます!
どんな状況でも完璧に言えるよう、観客になってもらったゼミ生(他の班)に変顔してもらって練習したこともありました笑

そして関マケ当日、、、
審査は一次審査→二次審査→最終審査というように進んでいきます。
なんと全班最終審査に進出することができました!
最終審査に進める班が発表され、画面に清水ゼミ全班の名前が映し出された時の感動とドキドキは今でも忘れられません・・・!
研究期間、うまく進まず頭を抱えたこともありましたが、清水ゼミに入ってこの感動を味わえて本当によかったと心から思いました😌
関マケが終わると、三田祭でのマケ論発表会があります!ここでは清水ゼミから代表して私たち2班が発表しました!
493743011a38a142494f3ecfdac816d7e5dc400 - コピー

これに加えて、NY・NJの大学や企業様に伺い関マケの研究を発表させていただいたり、企業様の調査に参加させていただいたりなど、ゼミ外でのインプット・アウトプットの機会が多いのも清水ゼミの特徴かなと思います!
これらについても、ブログで詳しく紹介するので楽しみにしていてくださいね🌟

以上がざっくりとした1年の流れです!なんとなく想像できたでしょうか?
研究だけでなく、思い出づくりも本気で取り組む清水ゼミだからこそ得られる1年はここで書ききれないほど充実しています!

このブログを読んで、少しでも清水ゼミに興味を持ってくれた人は1/18(土)の第三回説明会に是非いらしてください!!ゼミの活動やアットホームな雰囲気を知れる最後の機会です!

次回は天使なのに驚異的な握力の持ち主と噂される!?いでちが「三田祭~マケ論~」について書いてくれます!お楽しみに😆

ゼミとの両立

どもども!

ひとみんから「効率の鬼」と言われました、平井のどかです!
自分ではそんなに効率の鬼とは思わないんだけど、効率の良さは目指して生活しています!笑 

私は、サークルはバドミントンサークルの1つであるKBF(慶応義塾大学バドミントン同好会バードフェローズ←長い・たまに就活のES欄で文字数オーバーする)に所属しています。お父さんが学生時代から今もバドミントンをやっていて、姉も中学からバドミントンをはじめ、お母さんもお友達とポンポンバドミントンをはじめ…という流れに乗って、私も中学から始めて今に至ります笑

さてさて、私個人のしょうもない話はここまでにして。

今回のブログのテーマは「ゼミとの両立」です!!

はい。

皆さん、気になるところですよね。
実際、りりこの「ゼミの雰囲気」に関するブログでも触れられてましたが、多くの人から
他のことと両立できますか?
どれくらい忙しいですか?
バイトできないって本当ですか?
とか聞かれます。

安心してください、まずバイトはできます笑 バイトできなかったらお小遣いのない私は生活できません笑

他にも、夏休みには旅行に行ったり(例:彼女とバリ島)、友達とのご飯、サークル等々、ゼミだけの生活になることはないです。

さすがに、清水ゼミが一番忙しい、関東マーケティング大会という大会に向けて論文を執筆する10月は、ゼミの比率が高くなりましたが、その中でも各々時間をうまく見つけてバイトとかしてました。

私自身、サークルの運営(毎回練習にいく)とバイト(3つ笑)とゼミを並行してやっていました!笑

ただ、清水ゼミの基本は4~5人のグループワークです。何かと両立しながらの場合、どうしてもグループワークの時間が他の班員よりも減ってしまうのは事実です。

なので、私はいられない分自分で時間を見つけて他でできることをやったり、いる時は頭を回転させて、短い時間なりにも班に貢献できるようにしてました!

清水ゼミのみんなは、本当に優しい人ばかりなので、両立を応援してくれます。必ず笑顔でいってらっしゃーい!お疲れ様―!って言ってくれます笑
なので、両立を不安に思っている人は、自分の時間の使い方を意識すれば何も問題はないと思います!

折角の大学生活です。
是非、自分がやりたいと思ったことを諦めずに貪欲に挑戦して欲しいです!!

もし、不安だったりしたら。第三回ゼミ説明会などで何でもゼミ生に相談してくださいね😊

私の美のスーパーアドバイザーであり、関西チャキチャキガールの副代表りほが「ゼミの年間スケジュール」について熱く語ります!!乞うご期待!!
楽しみで寝られないぜ!

ゼミ選びの軸

こんにちは😆!!

りりこからご紹介に預かりました、物部仁美(ものべひとみ)です!
お酒は本当に弱いんですが、清水ゼミの飲み会はいつも楽しくなってしまいます笑
それも清水ゼミの仲の良さが理由かなと思います!笑

サークルはWALKMEN(アカペラサークル)に所属していて、歌うことがだいすきです🎤
ゼミでは「商ゼミ係」という商学部のすべてのゼミを統括する委員会との橋渡し役をしています!
また、商学部ゼミナール委員会では総務代表を務めており、商学部のゼミが参加するスポーツ大会や三田祭ゼミ冊子の作成を行っています!
商ゼミの方のブログも書いているのでぜひお時間ある方はみてください🥺(宣伝笑)

さてさて、自己紹介はこの辺にして、
本題にうつりたいとおもいます!

今回は「ゼミ選びの軸」について話していきたいと思います

もう受けるゼミを決めた!という方もいるでしょうが、おそらく多くの方がゼミ選びの真っ最中かな~と思います🤔

分野から忙しさ、雰囲気などなど選ぶ基準がたくさんあって本当に迷いますよね😭
私も迷っていた2年生の1人でした!
私は第3回のゼミ説明会まで決めきれませんでした.....笑

たくさんのゼミがある中で、
自分の志望するゼミを選ぶ訳なので、
是非みなさんには「これだけは譲れない🔥」という意思決定の軸をもってゼミ選びをすることをお勧めします!

参考までに、私がゼミ選びの際に大事にしていた、「軸」を3つご紹介します!

①「研究分野・内容」…高校生の頃からマーケティングに興味を持っていたので、ゼミは絶対にマーケティング分野のところ!と決めていました🔥(でもマーケ以外の分野でも有名なゼミは、全体説明会の時のブースには足を運びました🏃‍♂理由は後ほど....)

②「忙しさ」...3年生はゼミに打ち込みたい!と思っていたので、研究をしっかりやって忙しくも充実した生活を送れそうなゼミがいいなぁと思っていました🤔

③「実践的な研究中心」...論文を読むというよりは、企業の方々と共同研究を行ったりと実践的な研究の方が楽しそうで魅力的だなあと思っていました!

ここまでに挙げたもの以外にも、「雰囲気」や「グループワーク中心か」等の軸を持ってゼミ選びをしている人も多かったです!

わたしが清水ゼミに決めた理由は、以上の軸に当てはまっているなと感じたことと、海外発表があること、優秀な方が多くいらっしゃると感じたこと、先生が気さくな方であることです!

海外発表については、英語のスキルを伸ばしたいなと思ったことがきっかけです。なかなか自分で海外に行こう!とは思えないものの、ゼミ単位で行くことができ、さらに発表するというめったにできない経験ができるなら自分の成長のために絶対に行ってみたい!と思いました🙆‍♀

また、オープンゼミに参加して優秀な2年生が多いなと思ったこと(逆にそれにビビりましたが笑)、先輩方のプレゼンが他のゼミとは違うな....すごいな....と思ったこと、先生が気さくな方でこの先生のもとで学びたい!と思ったことが挙げられます。

最後に、第3回説明会のときに、前の代表の清さんに「前オープンゼミ来てくれた子だよね!」って言ってもらったことも結構決めた理由でもあります笑
それまで清水ゼミのイベントに参加しても特に先輩と話したりしていなかったので、他の人と違ってアピールできていないなあ....と不安だったので、清さんの言葉で嬉しくなってしまいました笑(ちょろい)
清さんみてないと思いますがありがとうございました笑

話は逸れましたが....

とはいっても軸ってどうやって決めれば良いの😭と思う方も多いのではないのでしょうか?

そんな時には、
興味がないゼミもみにいってみる!というのがおすすめです。
見に行ったあと、いろんな感想が芽生えると思います🌱
なぜ興味がないと感じたのか、なぜそのゼミに惹かれたのか、惹かれないのかを考えていくと、自分の大切だと思うことがみえてくるのではないでしょうか🤔

また、他のゼミもみておくと、ESや面接で、清水ゼミならではの良さを聞かれた時に書きやすくなると思います!!

皆さんには、自分なりの軸を持って後悔のないゼミ選びをして欲しいなあと思います!
その中で、もし清水ゼミを志望してくれる方がいれば嬉しい限りです😊

そして、清水ゼミを第一志望にするにあたって、皆さんが不安に思うであろう倍率の高さ....私も期末テストが終わってから毎日毎日不安でした😭
でも、絶対に受けなかったら後悔すると思い、誰よりも強い気持ちを持って頑張ろう!と思い直しました。皆さんにもぜひ後悔しない決断をしてほしいと思います!

オープンゼミや第3回説明会の清水ゼミのブース、そして商ゼミのブースでも直接相談に乗れるので、ぜひ何か相談したい方は気軽にきてくださいね!
特に商ゼミブースは暇してるので笑、清水ゼミのゼミ生という立場でなく相談に乗れますのでぜひ!笑
(こんなに宣伝したら怒られるかな)

わたしからは以上です!
次回は、「効率の鬼」(笑)のどかが、「ゼミとの両立」について書いてくれます!
お楽しみに~🙋‍♀